営業のスキル

営業にはマインドが大切?一流が大切にする5つのマインドを紹介

営業にはマインドが大切?一流が大切にする5つのマインドを紹介

「営業に対するモチベーションを見失ってしまった…」と実感している方も多いのではないでしょうか?

ある程度の成果をあげられるようになると、成果にこだわっていた時のように動けなくなってしまう営業がいますが、実は自然なことです。

今回はモチベーションを呼び起こす対策として、営業マインドの重要性を紹介していきます。

「こんな仕事をしていても仕方がない」と感じてしまっている方は、今のマインドを観察することをおすすめします。

 

営業がマインドを大切にすべき理由とは?

まずは、営業がマインドを大切にすべき理由を紹介していきます。

さまざまな仕事があるなかで、「特に自由度が高いこと」が営業に立派な考え方が求められる理由です。

「3人の石切り職人」の話は、マインドが仕事の成果ややりがいに直結していることをわかりやすく解説している例です。

・石切り職人Aのマインド・・・生活する為に石を切っている

・石切り職人Bのマインド・・・世界一の石切り職人になる

・石切り職人Cのマインド・・・国に安らぎを与える協会の礎を築いている

営業に対するモチベーションを失ってしまった方は、今一度「なぜ営業をしているのか?」という疑問に立ち返ることをおすすめします。

成果をあげられるようになる前は、数字をあげなければならないという使命感で行動でいていましたが、成果安定してくるとその目的を見失ってしまう営業が多くいます。

マインドという言葉がわかりにくい方は、営業が果たすべき社会的な役割におきかえることで、再びモチベーションを呼び起こすことができるでしょう。

「成果に必死になれなくなった」時が、マインドの大切さを認識すべきタイミングなのです。

 

一流の営業だけがもつ5つのマインド

では、一流の営業と一般的な営業とでは、マインドのどのような点に違いがあるのでしょうか?

今回は、以下の5つのマインドを紹介していきます。

・さらに良くなることを目指す向上のマインド

・コミュニケーションを大切にする信頼のマインド

・仕事を時間内に完結させるマインド

・お客様と向き合う誠実さのマインド

・お客様の力になる他者貢献のマインド

少し難しく感じられるかもしれませんが、一流の営業はこのようなマインドを持ち続けることで、「営業がとるべき行動」を実践しています。

 

さらに良くなることを目指す向上のマインド

一流の営業がもつ1つ目のマインドが、さらに良くなることを目指す向上のマインドです。

確かな実績をあげている営業マンは、このマインドをもつことで、現状に満足せずに次の行動を起こすことができています。

ただし、「短期間で爆発的な成果を出そう」と目論んでいるわけではありません。

一流の営業は、「今週中に〇〇を身につけよう」といった具合に、小さなステップを大切にしています。

非常にささいなことではありますが、行動する気力を失っている営業よりもスムーズに次の行動を開始できています。

 

コミュニケーションを大切にする信頼のマインド

 

一流の営業がもつ、2つめのマインドがコミュニケーションを大切にする信頼のマインドです。

営業である以上はお客様へのプレゼンが重要な仕事ですが、売れる営業は早めに信頼関係を築くことに気を配っています。

一般的な営業がもってしまいがちな、お客様に「売り込もう」という考えはまったく頭にありません。

お客様が話したいことを受け入れたうえで、できることをお手伝いすることで信頼が構築されるというマインドをもっているため、仕事そのものに対するストレスを大きく軽減できているのです。

 

仕事を時間内に完結させるマインド

お客様の前で表現されるものではありませんが、一流の営業は仕事を時間内に完結させるマインドをもっています。

1日のスケジュールを明確にし、仕事のゴールを決めているわけです。

そして、仕事が終わった後の時間を有効に使うことで、次の作業に対するモチベーションを生み出すという好循環を作り出すことに成功しています。

「なかなか作業が進まない」という営業よりも、早く作業に着手しているため、早く仕事を終わらせることができるのです。

 

お客様と向き合う誠実さのマインド

一流の営業は、お客様と向き合う誠実さのマインドも持ち合わせています。

コミュニケーションを大切にするマインドと似たニュアンスにはなりますが、このマインドを心にとどめているために、お客様の目に不誠実に映る行動をとることはありません。

一流の営業は、

・できないことをできないと伝える

・誤っていたことがあれば自分から誤る

・マイナス面を自分から表現する

といった行動で、お客様への誠実さを表現しています。

製品の優れている点、価格、利便性といったサービスの属性だけを武器にする一般の営業と比べると、お客様の安心感に大きな違いが生まれています。

 

お客様の力になる他者貢献のマインド

一流の営業がもつ、最後のマインドがお客様の力になる他社貢献のマインドです。

繰り返しにはなりますが、売れる営業ほど「お客様に売り込もう」という意識がなく、お客様との信頼関係を大切にする傾向にあります。

そして、自分が提案したサービスをお客様が手にすることを、「本当にお客様のため」と考えています。

「自分の利益」と「お客様の利益」を天秤にかけた時に、お客様の利益になる提案をおこなっているのです。

自分の成果のために行動している営業と比較すると、お客様のために言い切れる点が売れる営業が優れている点です。

 

営業がマインドを大切にすることで得られるメリット

 ここからは、営業がマインドを大切にすることで得られるメリットを紹介していきます。

繰り返しとはなりますが、マインドは営業という仕事をすることへの意味付けにほかなりません。

自分自身が、「営業でなにを実現したいのか」「営業のどこにやりがいを感じられるのか」を知るだけで、これから紹介するメリットを手にすることができます。

 

営業であればどの会社でも活躍できる

マインドを大切にすること得られる1つ目のメリットが、営業であればどの会社でも活躍できるというものです。

転職を希望する場合でも、「お客様の利益を最優先に行動してきた」という自負があれば、どの会社でも活躍できるでしょう。

価格差などのほかの会社との違いで成果を出している営業よりも、扱うサービスに拘束されないことが営業マインドをすべき理由とも言えます。

面接の場面でも、「大きな結果には至らなかったが、営業がもつべきマインドをもっている」と言いきれれば、逃げの転職ではないという点をアピールすることも可能です。

 

仕事のストレスを軽減できる

仕事のストレスを軽減できることも、営業がマインドを大切にすることで得られるメリットです。

営業には大きなストレスがかかると言われますが、その根底には「やらされていると感じている」という営業の本音があります。

決して自分が望んている目標、結果でないにも関わらず、営業マンとして追求しなければならないというギャップが精神的なストレスにつながっているのです。

そのため、もつべきマインドをもっている営業は、ほとんどストレスを感じることなく、日々の業務に取り組むことができています。

「お客様の利益になる提案である」と心から思い込んいるため、クロージングにひるむこともありません。

また、ひとつひとつの準備も、「自社製品が世に出回る可能性がある」とプラスに考えているために、決して苦痛に感じることがないのです。

 

モチベーションに困ることがなくなる

モチベーションに困ることがなくなることも、営業マインドを大切にすることで得られるメリットです。

営業に限ったことではありませんが、行動を起こせなくなったビジネスマンの多くが「モチベーション」を理由にし、次の行動を起こせない要因にします。

しかし、程度のレベルに達すると満足し、次の行動を開始すべき理由をなくしてしまうのが人間であるため、モチベーションを探すことよりもマインドを変えることのほうが重要なのです。

この法則を知ってか知らずか、一流の営業は次から次へに行動を起こすべき理由を探し、モチベーションに困ることなく働き続けています。

「月に3件の受注がとれるようになったから、単価をあげるためにもっと利益のある提案をしよう」といった具合に、自分自身を成長させ続けているわけです。

 

営業マインドを確立するたった1つの習慣

最後に、営業マインドを確立するたった1つの習慣を紹介します。

ここまでに営業がマインドを大切にすべき理由や、一流がもつマインドなどを紹介してきましたが、「具体的にはどうすれば良いの?」と思われた方も多いのではないでしょうか?

少し難しく感じられる営業マインドですが、「早起きをする」だけで少しずつ確立できます。

世界的なビジネスマンが早起きをする理由は、朝の時間が仕事に向いているためです。

仕事への集中力を阻害する物音がなく、上司や同僚から声をかけられることもありません。

また、朝のうちに他部署へのメールを用意しておけば、スムーズに連携することが可能になります。

そのほかにも脳がフレッシュな状態である、時間に追われてないなどの利点がありますが、ほかのビジネスマンよりも早く動き出すことが、営業がもつべきマインドを確立できる大きな要因です。

他人よりも早く行動を開始すれば、自分のリードを守るスケジュールに切り替わり、「仕事に追われる」というネガティブなマインドから解放されるのです。

 

【まとめ】営業はマインドが大切。一流の営業マインドを持とう

「営業に対するモチベーションを見失った」という方は、一流の営業がもつマインドを真似てみることをおすすします。

仕事に一生懸命になれない営業と、次から次に行動できる営業の違いは、「なぜ営業をしている意味」が明確がどうかです。

一流の営業と普通の営業は、自分をさらに成長させる、お客様の利益になるといったマインドを持っているかどうかという1点だけ違うのです。

「営業という仕事にわくわくできなくなった」という方は、マインドの大切さを確認し、営業がもつべきマインドをもち続けてみることをおすすめします。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

エニーセールス・マガジン編集部

営業のこまったを解決するWebマガジン「エニーセールス・マガジン」。ライターからディレクターまで全員営業経験者で運営している、営業による営業のためのメディア。最新の営業手法から、普段のちょっとした営業の悩みまで、営業職にとって役立つ情報を無料でお届けしています。

-営業のスキル
-,

© 2020 エニーセールス・マガジン