お悩み解消 キャリア・転職 選考対策

転職がうまくいく人の特徴とは?希望通りに転職ができるポイントを解説!

「転職がうまくいく人の特徴ってなんだろう?」

「希望通りに転職がうまくいく人って何をしているんだろう?」

転職がうまくいく人の特徴を知りたい人は多いのではないでしょうか。

そこで、今回の記事では以下の内容について詳しく解説をしていきます。

  • 転職がうまくいく人の特徴とは
  • 転職がうまくいく人がしている情報収集
  • 転職がうまくいく人の応募・面接対策

この記事を最後まで読んでいただければ、転職がうまくいく人の特徴だけでなく、これから転職の準備を始める方で、希望通りに転職ができるための参考になるかと思います。

ぜひ最後までご覧ください。

転職がうまくいく人の特徴だけでなく、面接対策や書類準備など転職の準備をどうしたらよいかまで分かりやすく解説していきます。

 

転職がうまくいく人の特徴とは

ここでは転職がうまくいく人の特徴について、以下の項目に分けて詳しく解説を行います。

  • 転職の目的と理由が明確である
  • 自分の希望にあった企業選びができている
  • 応募書類で自分のアピールができている
  • 退職と転職のスケジュール管理ができている

1つずつ詳しく解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

転職の目的と理由が明確である

転職がうまくいく人は、転職理由や転職の目的がポジティブで明確であるという特徴があります。

転職先に求めていることや自分が将来どうなりたいかが明確でなければ、採用担当者にもアピールが届かず採用される可能性が低くなります。

例えば「自分の経験やスキルを存分に発揮できる職場で働きたい」といった明確でポジティブな内容であれば好印象を与えることができるでしょう。

 

自分の希望にあった企業選びができている

自分の希望にあった企業選びをしていることも、転職がうまくいく人の特徴です。

「自分にあった企業に出会えた」状態が転職がうまくいったといえることに繋がるので、企業選びは慎重に行う必要があります。

自己分析や企業研究ができていないと、自分の希望の転職の軸が定まりません。

もし定まっていない状態で転職をすると、ミスマッチとなり早期退職に繋がってしまいます。

自分に合った企業選びをするためには、自己分析や企業研究をしっかりと行うことが大切です。

 

応募書類で自分のアピールができている

3つ目の転職がうまくいく人の特徴は、応募書類で自分のアピールができています。

履歴書や職務経歴書などで企業に適切なアピールができることが必要です。

「今までどんな仕事に携わったのか」、「培ったスキルや経験を入社後にどう活かしたいか」をはっきりと記す必要があります。

さらに企業側にアピールを行うには具体的な仕事の成果を数字も一緒に記載するとより効果的に伝わるでしょう。

 

退職と転職のスケジュール管理ができている

最後の転職がうまくいく人の特徴は、退職と転職のスケジュール管理ができています。

特に勤めている状態で、転職活動を行う場合、退職日までに余裕のあるスケジュールを組むことが必要です。

自分の後任者を決めたり、その人への業務の引継ぎを行います。

予定通りに進めばいいですが、中には上司から退職を引き止められて長引いてしまうこともあります。

余裕をもった退職をするためには、退職予定日の2ヶ月程度前には退職意志を会社に伝えるようにするといいでしょう。

 

転職がうまくいく人がしている情報収集

転職がうまくいく人はどんな情報収集をしているか気になる人も多いのではないでしょうか。

ここでは、情報収集をしていて転職がうまくいく人が行っている、2つの特徴を解説していきます。

自己分析と自分のキャリアの整理

転職がうまくいく人がしている情報収集の特徴として、自己分析と自分のキャリアの整理をしていることが挙げられます。

今までの仕事の経験を整理して、自分の強みや得意分野を洗い出します。

自分のアイデンティティが理解できたら、転職市場や似たような働き方をしている人と照らし合わせて年収や働き方の情報を得ることができます。

このような活動を通して、転職成功の確率を上げていきます。

 

徹底した業界や企業研究

転職がうまくいく人は徹底した業界研究や企業研究をしています。

そもそも企業の基本情報をしらなければ、企業の採用担当者へのアピールができず不採用になる可能性が高くなります。

求人内容やコーポレートサイトを見ただけで終わる人も少なくありません。

四季報やプレリリースの他に採用担当者が書いているブログやSNSからも情報を収集することで業界や企業への理解が深まります。

ただ漠然と情報を集めるのではなく、自分自身が得た情報を整理しやすいようにポイントを絞って集めることが大切です。

「企業の独自の強みは何だろう」「自分の経験が活かせるポイントはどこだろう」というように特徴を深堀していくことが必要です。

企業研究をしっかりと行い情報収集ができていると、入社後のミスマッチがなくて自分にあった業界や企業に出会えることができます。

 

転職がうまくいく人の応募・面接対策

転職がうまくいく人はどのように応募しているのか、面接対策はどのようにしているのかを以下の項目にわけて解説していきます。

  • 身だしなみ、服装や持ち物の準備
  • 応募書類の作成
  • 求人への応募
  • 志望動機を明確にする
  • 他と差がでる面接対策

身だしなみ、服装や持ち物の準備

転職がうまくいく人は身だしなみや持ち物の準備を徹底して行っています。

メラビアンの法則というのがある通り、第一印象を決めるのは55%以上が外見だと言われています。

「髪型は整っているか」、「服装に乱れていないか」、「小さなゴミは付着していないか」「靴は汚れていないか」など細かい部分までチェックをする必要があります。

面接の30分前には、トイレで身だしなみを整えたり口臭のケアを行うことをおすすめします。

服装だけでなく持ち物も入念な準備をしましょう。

面接に行く際はA4サイズが入るカバンを用意します。

応募書類を面接時に提出したり、企業側から資料を受け取る場合もありますので、A4サイズが入るものがおすすめです。

応募書類をすでに提出している場合には、そのコピーを一緒にいれておくことをおすすめします。

コピーを見ながら志望動機や自己PRをおさらいして、面接対策ができるからです。

その他にもハンカチやティッシュ、女性の場合はストッキングの替えもカバンに入れておくと安心です。

最近はオンライン面談も増えていますが、オンラインの場合でも身だしなみは重要です。

オンラインであっても、服装・髪形など印象を損なわないよう心がけましょう。

 

応募書類の作成

履歴書や職務経歴書は、企業の採用担当者が最初に情報を得るツールです。

ここの書類で自分の事がきちんとPRできないと不採用になる可能性が高くなり、転職がうまくいかない原因となります。

自己分析をしっかりと明確に行い自分の経験をアピールできる書類であれば、まず書類選考を突破する可能性は高くなってきます。

 

求人への応募

転職がうまくいく人は自己分析をしっかりとしたうえで、希望の転職を叶えるために情報を精査して企業への応募を行っています。

大手企業や知名度のある企業に少数しか応募していなかったり、職種や基本条件などが漠然とマッチしている企業に応募しているとうまくいかないことが多いです。

求人応募では実際に転職したときのことを考えて、自分にとって質の高い求人を探す必要があります。

転職先の企業に求める条件、持っている経験やスキルによっても応募数は変わってきます。

 

志望動機を明確にする

転職がうまくいく人は志望動機が明確です。

志望動機を明確にする理由はシンプルで、企業の採用担当者が「なぜこの会社を選んだのか」を知りたいからです。

志望動機は企業側は「この人はなぜ応募してきたのだろう」と興味を持っています。

その興味関心から企業とのコミュニケーションが始まっていきます

志望動機を明確にするためには、入念な企業研究による情報収集が必要です。

「なぜ自分が転職をするのか」、「自分のやりたいことは何か」を分析したうえで、その企業に志望する理由をまとめていく必要があります。

自分と企業の分析を行ったうえで、なぜ自分がその企業を志望したかを明確に伝えることができれば効果的です。

 

他と差がでる面接対策

転職がうまくいく人の面接では、「これまでの業務経験をどう活かせるか」、「どんなキャリアを築いていきたいか」を具体的に伝えて企業と自分との接点を説明することができます。

企業の採用担当者は、面接の中で今まで経験してきた業務内容や経歴だけでなく、志向性がポジションに合うかを確認しています。

その他に事前に準備しておきたいポイントとして以下の点が挙げられます

  • 身だしなみを整える
  • 面接時に必要な持ち物は揃っているか確認する
  • 面接時間に間に合うように行動する
  • 応募先の企業の人にしっかりと挨拶をする
  • 入退室時のマナーの徹底
  • 面接時の質問内容のリサーチをしておく
  • 面接時に想定される質問内容に答える練習をする

面接に挑む前に徹底した事前準備を行うことで転職がうまくいくことに繋がります。

 

転職がうまくいく人の「志望動機」「自己PR」「履歴書」の書類作成方法

実際に転職がうまくいく人がどのように書類作成をしているかをサンプルも踏まえながら特徴を解説していきます。

志望動機の書き方

企業の採用担当者は、「採用ニーズにマッチした人材なのか」という視点で見極めをしています。

転職がうまくいく人は3つのポイントをおさえて志望動機を書いている特徴があるので参考にしてみてください。

  • 企業が求める人物像とマッチした実績や強みをアピール
  • 自身の強みをどのように活かして応募企業に貢献していくか
  • なぜこの会社なのか

具体的に例を挙げてみますので参考にしてみてください。

自分が頑張った成果が数字となって表れ、企業に貢献できる点に魅力を感じ、営業職を希望いたしました。

御社では営業メンバー全員でのロールプレイの中で成功事例を共有し合うなど、実践力を身に付けるトレーニングを組織全体で行っておられる点に魅力を感じました。

未経験ではございますが、これまでの経験で培った行動力とコミュニケーション力で積極的に取り組み、御社の即戦力となり貢献したいと思い志望いたしました。

「なぜ営業職を希望するのか」「なぜこの企業を志望するのか」という具体的な理由が述べられています。

もし未経験の職種であっても「今までの経験で培ってきたスキル」などが今後に活かすことができ、早期に戦力になれる可能性や意欲を伝えることができれば効果的です。

 

自己PRの作成方法

自己PRとは「相手に自分をアピールして認めてもらうこと」が目的です。

採用担当者に対して「採用するとどんなメリットが得られるのか」「入社後はどのような活躍ができるのか」をアピールする必要があります。

応募先の企業にあった自己PRができるよう、自己分析をしっかりと行い、自身のキャリアを振り返ることが重要です。

自己PRを作るポイントをまとめました。

  • 企業が求める能力・スキルに合わせて強みを伝える
  • アピール内容の具体的な根拠を示す
  • 得意分野や成功体験を整理する

具体的に例を挙げてみますので参考にしてみてください。

大学を卒業した後、個人営業として5年間勤めてきました。その中で培ったことは相手のことを傾聴する力と、そこから問題解決に繋がる提案をする力です。

クライアントが求めていることをキャッチして、相手の状況を考えたうえで、提案のツールを変えることを意識してきました。

結果として、クライアントとの信頼関係の構築に繋がることができました。

相手の要望や状況に配慮して傾聴や提案を行なってきた経験は、他の職種においても活かすことができると考えています。

「相手のことを傾聴する力と、そこから問題解決に繋がる提案力」を培ってきたという結論から述べ、どのような点に気を付けているかを具体的に記載しています。

そこから「信頼関係の構築」という成功体験につなげているため、自身のアピールがしっかりとできていて、企業担当者への印象がいい自己PRです。

 

履歴書の注意点

転職がうまくいく人は履歴書の書き方もポイントをおさえて記載をしています。

「学歴」と「職歴」にわけて見てみましょう。

「学歴」

  • 履歴書全体で西暦と元号の表記を統一している
  • 高校、専門学校などから記載(義務教育は不要)
  • 学校名などを「高校」と省略をせず「高等学校」と記載する
  • 学部・学科・コース名など正確に記入する
  • 応募職種で活かせる専攻などは詳細を記入する

「職歴」

  • 履歴書全体で西暦と元号表記を統一している
  • 企業名は省略をせずに正式名称で記入する
  • 応募書類に関する職務内容があれば強調して記入する
  • 企業の合併や買収などで社名が変わった場合は、〇〇株式会社(現△△株式会社)と記入する
  • 現職の企業の退職日が決まっている場合は「令和4年3月 株式会社〇〇 退職予定」と記入する
  • 最終行に「現在に至る」と記入し、その下の行に右寄せで「以上」と記入する
  • 職歴が書ききれない場合は履歴書にはある程度まで職歴を書き、「詳細は職務経歴書記入」とする

※ポイント※

採用担当者は、「入社後に自社で活躍ができるかどうか」をこの履歴書で見極めています。

転職回数や前職が円満に退職できたかで、自社に定着できるかどうかを確認しています。

もし、職歴内にブランクがある場合には、その期間に何を行っていたかも整理しておく必要があります。

例えば、「スキルアップのために通信教育でビジネススクールに通っていました」といったように簡単に記載するといいでしょう。

【まとめ】転職を成功させるには事前準備が大切

転職がうまくいく人の特徴は、転職をするにあたって事前準備が徹底してできていることです。

「いきなり全部を実践していくのは大変そう」と感じたとしても、事前の準備こそ転職の鍵となりますので、希望通りの転職のためにも是非実践してみてください。

 

転職活動において、客観的な視点や意見は必要不可欠なものです。

転職のプロにアドバイスを貰うと、自己分析もより深くできる可能性が!

-お悩み解消, キャリア・転職, 選考対策

© 2022 エニーセールス・マガジン