営業のスキル

営業マナーで成果を上げる!重要なマナー4選!

「営業の基本はマナー」このような言葉を耳にしている方も多いのではないでしょうか?

この記事では、営業マンが実践すべきマナーを分かりやすく紹介していきます。

膨大な種類のなかから、お客様に気を遣わせない4つのマナーを取り上げます。

 

営業はマナーに気を遣うだけで成約率が上がる?

営業マンがマナーに気を遣うべき理由は、その努力が成約率に反映されやすいためです。

もちろん営業である以上は、商材の基礎知識やプレゼン力がお客様の心を掴む武器になる場面もあります。

ただし、売り込むスキルよりも、与える印象が成約の決め手になることも珍しくはありません。

「マナーがなっていないけど、話を聞いてみよう」と思われるお客様は非常に稀です。

反対に、「お話は上手ではないけど、しっかりした印象がある」という理由で、成約に結びつくこともあるのわけです。

このようなお客様心理を理解すると、マナーの大切さが理解できるのではないでしょうか?

仮に成約に至らなかったとしても、お客様に「不快で話を聞きたくない」と思わせてしまうケースを減らすことができ、商談相手を増やせるという結果を手にできるのです。

 

営業が気を遣うべきマナー4選

ここからは営業が気を遣うべきマナーを4つ、厳選して紹介していきます。

冒頭でも触れましたが、マナーにはさまざまな考え方があり、すべてを実践することは至難の業と言えます。

まずは、基本知識として下記の4つを身につけていきましょう。

・身だしなみのマナー

・コミュニケーションのマナー

・言葉遣いのマナー

・連絡時のマナー

 

身だしなみのマナー

意識しているという方も多いと思いますが、営業がもっとも重視すべきマナーが身だしなみに関するものです。

「視覚」「聴覚」「言語」に対して、それぞれ矛盾した情報が与えられた場合、どのような割合で情報が認知されるかを調べた、メラビアンの法則によって、「視覚情報:55%」ともっとも高い割合であったことがわかっています。

身だしなみのマナーに重きを置くことが、お客様への印象を変える信用される効率的な手段と言えるわけです。

 

身だしなみのマナー1、髪型

身だしなみのマナーのなかでも、気を配りたい1つ目のポイントが髪型です。

会社員である以上、「髪型くらいは自由にさせてほしい」という方もいると思いますが、営業であれば清潔感を感じさせる短髪がベターです。

そして、自分に似合っているかどうかではなく、生活感を醸し出せているかが重要です。

寝ぐせや切り揃えられてない髪は、それだけでだらしなさを感じさせてしまうため、成果を出したい営業であれば、こまめにメンテナンスをしておくことをおすすめします。

 

身だしなみのマナー2、スーツ

スーツも営業であれば、気を遣うべきポイントです。

「売れる営業は上質なスーツを着ている」と言われるほど、仕事の成果を左右するマナーと言えます。

ただし、決して高価であれば良いわけではなく清潔感が大切、であるという点には注意が必要です。

取り扱っている商材にもよりますが、多くのお客様が求めている営業は腰が低く、親しみやすい営業であることを念頭に置いておきましょう。

自分の好みのブランドのスーツを身につけ、自己満足の世界に浸ってしまうことの内容に注意が必要です。

 

身だしなみのマナー3、靴

営業が気を配りたい3つ目の身だしなみのマナーがです。

経済的な負担になることは事実ですが、営業であれば3足の革靴を、スーツに合わせてローテーションすることをおすすめします。

そして、汚れが目立つ前にメンテナンスをし、靴底がすり減っている場合には新調するといった気配りが必要です。

ここまで気を遣っている営業は、そう多くありませんが、お客様が意外なほど見ていることを理解しておきましょう。

 

コミュニケーションのマナー

身だしなみの次に営業が気をつけておきたいものが、コミュニケーションにおけるマナーです。

「身だしなみがしっかりしている」と感じていただけたお客様が、「話したい」と感じるかどうかはコミュニケーションのマナーがカギを握っています。

ただし、気をつけるべきポイントはただ一つ、聞き役に徹することだけです。

お客様との距離感にもよりますが、初対面であれば提案したいサービスを二の次にしてでも、お客様の話に興味をもつことをおすすめします。

なかなかお客様が話してくれないという方は、身体を動かすことを意識しましょう。

質問の内容ではなく、頷くことやお客様に優しい視線を向けるといった、身体を使った表現を意識することで、お客様に話したいと感じてもらえるはずです。

 

言葉遣いのマナー

営業が気を配りたい3つ目のマナーが言葉遣いです。

お客様に失礼の内容に話すことも、営業に求められる気遣いの1つと言えます。

ただし、次のような謙譲語と尊敬語の区別ができていれば問題はありません。

謙譲語…申し上げる・拝見する・うかがう

尊敬語…おっしゃる・ご覧になる・いらっしゃる

良い印象を与えることができたとしても、言葉遣い1つでお客様がさめてしまうことがあるため、謙譲語と尊敬語の使い分けには注意が必要です。

 

連絡時のマナー

営業が意識すべき4つ目のポイントが連絡時のマナーです。

営業であればアポイントを取るという意識も重要ですが、これから紹介する「時間帯」と「頻度」を間違えてしまうと、お客様に怪訝な顔をされてしまうことにもなりかねません。

電話やメールなど連絡をする手段にもよりますが、お客様への配慮を感じさせる「時間」と「頻度」を心掛けましょう。

 

連絡時のマナー1、時間帯

お客様に連絡する際に気をつけたい1つ目のポイントが時間帯です。

仮に日常の業務で忙しかったとしても、お客様のスケジュールに合わせて連絡をする意識が大切です。

また、連絡をする時間帯で、お客様に気遣いを感じていただくためには、「お客様の生活スタイルを確認しておく」ことが重要です。

お客様が従事している仕事や休日、家族構成から生活スタイルをイメージし、負担にならない時間帯に連絡する習慣を身につけましょう。

 

連絡時のマナー2、頻度

連絡を入れる頻度も、お客様に連絡をする際に意識したいポイントの1つです。

当然と感じられる方も多いと思いますが、極力少ない頻度で連絡をする意識をもつことが大切です。

また、議事録などの情報共有については、いつでも確認できるメールにすることをおすすめします。

アポイントの確認についても、お客様がメールを確認する方であれば、いつでも確認できる手段を取るようにしましょう。

 

営業に必要なマナーを身につける3ステップ

ここからは、営業に必要なマナーを身につけるステップを紹介していきます。

繰り返しとはなりますが、効率的に成果に結び付けるためには、マナーを一から学んでいる時間はありません。

これから紹介する3つのステップを実践し、成果に結び付くビジネスマナーを身につけていきましょう。

 

ステップ1、まずは正しいマナーを理解しよう

営業に必要なマナーを身につける、1つ目のステップが正しいマナーを理解することです。

会社での研修のほかに数冊の本を読むことで、正しいビジネスマナーを身につけることができるでしょう。

この記事では取り扱っていませんが、席次や名刺交換の際に気をつけるマナーを理解しているだけで、お客様に与えられる印象をガラッと変えることができます。

また、正しいと思っているマナーが誤っていることもあるため、営業としての活用を始めたら、できるだけ早い段階で正しい知識を身につけておくことをおすすめします。

 

ステップ2、先輩や上司の手を借りて練習しよう

先輩や上司の手を借りて練習をすることが、営業に必要なマナーを身につける2つ目のステップです。

研修や本から正しい知識を得たとしても、マナーを表現するためには練習が必要です。

先輩や上司のスケジュールを確認し、空いている時間でロープレを頼むなどして、実践的に身につけておきたいマナーを身につけていきましょう。

 

ステップ3、日常的にセルフチェックをする

営業に必要なマナーを身につける最後のステップが、日常的にセルフチェックをすることです。

成果を出している営業でも、気の緩みが身だしなみや態度に出てしまうことも珍しくありません。

順調に成果を出せるようになったとしても、自分自身を客観視し、お客様への気遣いが表現できているかを確認してみましょう。

 

営業に必要なマナーは準備と意識

営業にはさまざまスキルが求められますが、マナーを意識することで準備と意識の大切さを理解することができるでしょう。

この記事では、身だしなみや言葉遣いなどのマナーの大切さを紹介してきましたが、お客様の前で表現できるものはごく一部です。

身だしなみや連絡時のマナーは、お客様の目に映らないシーンでのマナーと言えます。

お客様に信頼を感じてもらえる振る舞いも大切です。

ただし、お客様に安心感を与えるためには、「目に見えない日常でも仕事のことを意識している」という印象が成約の決め手になることも珍しくありません。

マナーを大切にすることで、目に見えない日常生活を大切していることを暗に伝えることができ、結果的に成約率を高めることができるのです。

また、「自分にはこれといった武器がない」という営業も、マナーを見直すことで将来的な成果をガラッと変えられるでしょう。

ビジネスマナーを大切にすることで、お客様をひきつける営業を実践することも可能になり、売り込むストレスを軽減することができるわけです。

 

【まとめ】営業マナーで成果に差がつく

「なかなか思うような結果が出ない」という方は、営業に必要なマナーを今一度確認してみることをおすすめします。

もちろん、マナーを意識するだけで、すぐに結果が変わることは稀です。

しかし、営業を納得させるスキルよりも、お客様を安心してもらえる準備や意識の大切さを再認識することができるはずです。

また、「自分にはこれといった武器がない」という営業も、マナーを再確認することをおすすめします。

日常生活でも仕事の意識があると感じてもらうことで、営業の成果がガラッと変わるはずです。

こちらのビジネスマナー3選も参考にしてみてください。

営業の超重要なビジネスマナー3選!

「売れる営業マンほど、ビジネスマナーに気を遣っている」、そんな言葉を耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか? あまりフォーカスされることのないビジネスマナーですが、徹底する効果は絶大です。 こ ...

続きを見る

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

エニーセールス・マガジン編集部

営業のこまったを解決するWebマガジン「エニーセールス・マガジン」。ライターからディレクターまで全員営業経験者で運営している、営業による営業のためのメディア。最新の営業手法から、普段のちょっとした営業の悩みまで、営業職にとって役立つ情報を無料でお届けしています。

-営業のスキル
-,

© 2021 エニーセールス・マガジン