お悩み解消

社会人のストレス発散方法とは?ストレスフルな社会に負けないために

現代はストレスフル社会と呼ばれ、ストレスを溜め込みやすい環境です。

その為、社会人になるとストレス発散方法を覚えておくことは必須と言えます。

ストレス発散には様々な方法があるものの、健康を害したり依存する方法には注意が必要です。

また、他人からオススメされたストレス発散でも、自分には合わない場合もあります。

自分に合ったストレス発散方法を学び、ストレスフルな社会に負けない社会人生活を送りましょう。

社会人のストレス発散方法とは?

社会人のストレス発散方法は多種多様なものが存在します。

お金がかからず、効果があるストレス発散方法は睡眠だと言われています。

理想の睡眠時間は人によって異なりますが、一般的には7~9時間がベストとされています。

睡眠不足はイライラや体調不良の原因になりますが、

残業や接待、育児などにより睡眠時間を確保できない場合もあります。

第一のストレス発散方法は睡眠と心に留めたうえで以下の記事をお読みください。

またストレスを発散するにしても、他人の迷惑になるものや、法律に違反してしまうものは避けて、害のない方法でストレスを発散していきましょう。

ストレスとは

社会人がストレス発散方法を学ぶことの重要性は理解している人が多いかと思います。

そもそもストレスとは、外部から刺激を受けたときに生まれる緊張状態のことを指します。

ストレスは全てが悪いというわけではなく、良いストレスもあります。例えば、自分を成長させてくれるようなプレッシャーは良いストレスの一例と言えるでしょう。

逆に悪いストレスの例としては、体調を害するような上司からのプレッシャー、毎日の満員電車での通勤などが挙げられます。

人によっては上司からのプレッシャーを利用して成長したりと、受け取る状況や受け取り方によっても良い/悪いが変わってきます。

いつもは良いストレスであっても、体調を崩すと悪いストレスに変わるケースもあるので、ストレス発散方法はどんな時にも用意しておくといいでしょう。

 

学生と社会人の違い

ストレス発散方法は学生よりも社会人の方が多くもっているかと思いますが、

学生と社会人ではストレスの種類が異なるので注意が必要です。

社会人になると会社からの目標や日々の業務が決められ、学生時代と違って時間の制限や社会的責任がある点で大きく異なります。

また、会社員は一人ではなくみんなで事業を継続しているので、一人がサボってしまうと他の人にも迷惑をかけてしまいます。

ストレスの多くは人間関係によるものが多いというのは、学生と社会人でも変わりはありませんが、社会人になると関わる人の年齢幅が広がるため、自分が意図していないストレスを感じることもあります。

同年代なら分かってくれる感覚も、相手に通じずイライラすることもあるでしょう。

学校生活なら同年代のため、ある程度同じ感覚を共有できるので、そういう点でも社会人の方がストレスを受けやすい環境に身を置いていると思っていいでしょう。

 

ストレス発散方法を知ると社会人の生活が変わる

社会人になると切っても切り離せないストレスですが、ストレス発散方法を知ると社会人生活がどのように変わるかを解説します。

自分なりのストレス発散方法を知っておくことで、長く続く社会人生活を良い方向へと進めていきましょう。

また、時期や状況によってもストレスの受け取り方は変動するので、体調管理を万全にしてストレスをためない生活をすることも有意義です。

 

オンとオフの切り替えができる

社会人はストレス発散方法を知るとオンとオフの切り替えがしやすくなります。

社会人になって初めての休日は、オフのを実感した人は多いでしょう。

長く会社員生活が続いてしまうと、オンとオフの境目が分かりづらくなってしまいます。

もちろん仕事を楽しむ上で、オンとオフの境目がないことは良い場合もありますが、ストレスの観点では違います。

常に仕事モードでは心身が休まらない為、体調を崩してしまう可能性が高くなります。

また、時間の使い方も仕事が中心となるのでプライベートに時間を割くことが少なくなりがちです。

オンとオフをしっかり切り替えるのは、心身を休めるためにも必要なことだと理解して、

充分な休息を取りましょう。

 

ストレスと向き合う

社会人がストレス発散後に、ストレスと向き合うことでより良い生活が実現します。

ストレスに向き合うとは、今の心身の状態やストレス原因を把握することです。

仕事が終わらない、自分の時間がないなどストレスの原因は様々ですが、その状況に対して自分はどう感じているのかを記録しておきましょう。

更に目の前のストレスと向き合うことで、今後のキャリアが変わってきます。

業界によっては繁忙期などでどうしても忙しい時期があるため、その時期は仕方ないと捉えるか、自分には合っていないと考える場合は別の道を探すのもストレスと向き合うことになります。

また状況によっては、一人でストレスと向き合うことが難しいこともあります。

心身が疲弊しきってしまう前に、カウンセリングや転も選択肢の一つとして考えましょう。

 

ストレスの根本原因を探る

社会人とストレス発散方法の重要性について紹介してきましたが、根本原因を探ることも大切です。

ストレスの根本原因は目の前で起きている状況だけではなく、多角的な視点・広い視野を持って考えます。

職場でのプレッシャーの多くは上司や顧客からだと思いがちですが、その職場環境を作り出している会社の体制にも原因があるかもしれません。

その場合は、同僚や部下の動きにも注意し観察して、自分と同じストレスを感じていないかを確認しましょう。

自分と同じストレスを感じている場合は、体制自体に問題があるため一人の力だけで解決するのが難しくなります。

相談できる人が周りにいれば相談の時間を作ってもらい解決の糸口を探り、

それが難しい場合は、専門家など外部の力を頼ることも視野に入れましょう。

 

社会人の簡単にできるストレス発散方法4つを紹介

ここでは、社会人でもできる簡単なストレス発散方法を4つ紹介します。

睡眠時間の確保はストレス発散に効果的ということは前提としていますが、

忙しい時期には十分な睡眠が難しい場合も出てきます。

簡単に出来て取り入れやすいストレス発散方法を紹介しているので、自分に効果のあるものを取り入れてストレスに負けない心身を作りましょう。

方法1.趣味を見つける

1つ目の社会人のストレス発散方法は趣味を見つけることです。

趣味は、運動の他、読書や映画鑑賞など自宅で行えるものでも大丈夫です。

理想は、準備に時間がかからず、短時間でも行えるものがいいでしょう。

学生時代と違い、スポーツをするには基本的に人を集めることから始める必要がありますが、社会人サークルに入るなど人集めの手間を短縮する方法もあるので、アイデア一つで手間をかけずに趣味を楽しめます。

 

方法2.軽い運動

社会人ができるストレス発散方法の二つ目は軽い運動です。

一つ前に紹介した”趣味の運動”と違い、誰でも簡単にできるのが特長です。

自宅での筋トレ、ヨガ、家の近所を10分間歩くだけでも心身共にリフレッシュができます。

また、ウォーキングをする場合は朝の早い時間など太陽を浴びることを意識しましょう。

幸せホルモンと呼ばれる、セロトニンという物質が分泌され、心の安定に繋がります。

 

方法3.感情を吐き出す

感情を吐き出すことも社会人のストレス発散方法の一つです。

感情の吐き出しは、人に話を聞いてもらうことでもできますが、紙に書き出すことが手軽にできる点でオススメです。

紙に自分の感情を書き出し、今の状態を赤裸々に表現しましょう。

その紙は人に見せるものではなく、誰にもバレる心配はないので、思ったことをストレートに書くと上手く感情を吐き出せるでしょう。

感情を吐き出すことで自分が思っていることを言語化して、ストレスの対策をしましょう。

 

方法4.深呼吸をする

深呼吸は職場でもできる、社会人にオススメのストレス発散方法です。

人は緊張をすると呼吸が浅くなってしまい、脳に酸素が届かず正常な判断ができずにミスを起こしやすくなってしまいます。

そんな時は、意識的に深呼吸を行い心身をリラックスさせましょう。

浅くなっている呼吸を戻し、自律神経を整える効果も狙えます。

忙しい時ほど、深呼吸をして落ち着きましょう。

 

ストレス発散方法の注意点

社会人のストレス発散方法について紹介してきましたが、自分に合ったストレス発散方法を見つけることが肝心です。

自分との相性に限らず、いくつかの注意点があるので、それを学んだ上でオリジナルのストレス発散方法を見つけていきましょう。

 

自分のパーソナリティを理解する

自分のパーソナリティを理解して、社会人のストレス発散方法を見つけましょう。

パーソナリティとは個性のことです。

外交的、内向的、インドア派、アウトドア派など外に向かってエネルギーを発散するのが好きなのか、内側に向かって発散するのが好きなのかを判断しましょう。

良い趣味だと思っていても、自分のパーソナリティに合わない趣味だとかえってストレスの溜まる結果になる場合もあります。

 

無理に続けない

社会人のストレス発散方法の注意点、その二は無理に続けないことです。

一度始めたストレス発散方法を続けて行うのはいいことですが、定期的にメンテナンスが必要です。

ライフスタイルが変わるとストレスの種類が変わります。

継続は力なりという言葉がありますが、ストレス発散を目的とする場合、逆効果になる可能性もあるので注意しましょう。

 

やりすぎに注意する

社会人のストレス発散方法の最後の注意点はやりすぎないことです。

やりすぎというのは、ストレスに繋がる可能性があります。

例えば少量のお酒はストレスを緩和する効果がありますが、自分の限界量を超えた飲酒は体調不良に直結します。

適量を心がけてストレスを発散しましょう。

 

【まとめ】自分に合ったストレス発散方法を知って社会人生活を良くしよう!

社会人のストレス発散方法は自分にあったものを選ぶことが大切です。

ストレスフルな社会にとって、ストレスをゼロにしたり、ストレスを感じない心身を作ることは難しいのが現状です。

オンとオフを切り替えるなど上手くストレスをコントロールして、高いパフォーマンスを発揮していくことが社会人生活にとって重要になってきます。

また、ストレスが悪いものだけではないということを理解しておくのもいいでしょう。

時には良いストレス状態を楽しむ気持ちを持つことも社会人を楽しむコツの一つかもしれません。

 

ストレスフルな環境を変えたい・転職したいと考えている方へ。

一度、相談だけでも転職のプロにしてみることをオススメします!

-お悩み解消

© 2022 エニーセールス・マガジン