副業 営業の副業 営業代行

営業代行の副業でスキルを身に付けろ!キャリアアップへの道

最近になり副業という言葉が一気に世の中に出てきました。

SNSなどでも、簡単副業で月20万!スマホだけで稼げる!など、物凄い量の副業キーワードが発信される時代となってきました。

そんな副業の中でも、今回は、営業職に特化した副業をご紹介しようと思います。

さらに言うと、稼げます!という内容ではなく、ステップアップするために副業を使いましょう!という内容です。

目先の幸せで考えると、簡単に稼げる副業の方がいいかもしれません。

ただ、副業を活用し、スキルアップした結果、仕事が楽しくなり報酬も増える方が、より幸せではないでしょうか。

だからこそ、今回は営業職ならではの副業方法である、営業代行での副業について詳しく解説していきます。

私自身も営業代行をしており、実際に経験してわかることもお伝えさせていただきます。

 

営業代行で副業する意味を履き違えるな

冒頭にもお伝えさせていただいたように、この記事でお伝えしたいことは、副業を生かしてキャリアアップすることです。

稼ぐことがメインの理由ではないので、予めご理解お願いします。

副業をする考え方としては以下のような感じで考えるのがいいのではないでしょうか。

①副業やる
②スキルアップする
③報酬もらう&本業でも成果出る
④さらにスキルアップする
⑤報酬アップ&本業でさらに成果出る

それでは、営業代行の副業をするにあたっての心持ちをお伝えします。

 

スキルアップがメイン

あくまでこれはぶらしてはいけません。

これを念頭に置いておけば、営業代行の中でもどんなことをすればいいのかが決まってきます。

例えば、ド新規の営業があまり得意ではない場合、副業ではそのようなものを選んでもいいかもしれません。

また、本業でアポを取れるようになりたいのであれば、テレアポの副業をしてもいいかもしれません。

このように、自分のスキルを棚卸し、個人の市場価値を高めるためには何が足りないのかを考えてから、副業を選ぶのがいいでしょう。

 

副産物で稼げる

こちらはあくまでサブです。

本業とは別のところで、スキルを磨けるだけでも嬉しいことですが、さらに稼げるのです。

そして、報酬があると自分のスキルが磨かれていることも実感できるため、さらに頑張れるきっかけになります。

目先のお金ではなく、中長期的なスキルを身に付けることを忘れないようにしましょう。

スキルアップにフォーカスする方が、もしかしたら稼げるようになるかもしれませんし。

というか、稼げるようになるはずです!

 

営業代行の副業って?種類は何があるの?

営業代行の副業といってもいろいろな種類があります。

自分の高めたいスキルであったり、やってみたい営業手法などを加味して選択するといいでしょう。

アポイントをセッティングするだけのものから、アポイント設定〜受注まで行うものまで様々です。

ここでは、よく聞く3つをご紹介します。

 

アポイント紹介

まずは副業をやってみたい方は紹介がおすすめです。

ただ、スキル向上という部分ではあまりおすすめはできません。

こちらは企業側が求めているお客さんを紹介してあげるものになります。

繋がりの中から紹介することができるので、人脈があれば、工数もかからずに副業が可能です。

スキル面での向上はあまり見込めませんが、副業をすることで社外の方と関わりを持つことができます。

そうすることで、いろいろな価値観に触れることができるため、副業入門としてはいいでしょう。

報酬としては、ターゲットのお客様かつ決済者であれば、1〜3万円程度出る場合もあります。

 

テレアポ

次にテレアポです。

こちらもアポイント設定までが成果になる場合が多いです。

ただ、紹介との違いは企業側が求めているお客さんに対して、電話をしてアポを設定するため難易度は高くなります。

本業でなかなかアポイントが取れなかったり、インバウンドが主流でアウトバウンドでの営業が少なかったりする方にはおすすめです。

最近は、デジタル広告の精度も高まり、インバウンドの戦略が増えてきています。

ただ、企業を拡大させていくためにはアウトバウンドも必要になるため、自らアポイントを獲得できるスキルは、市場価値を高めるでしょう。

テレアポに関しての報酬は様々で、時給+アポイント獲得インセンティブもあれば、荷電数×〇〇円などもあります。

テレアポする商材や件数にもよりますが、ある程度時間が必要になってくるため、スキルアップするためにやらないと勿体ないです。

 

商談営業

最後に商談です。

基本的に、商談代行の成果は受注になります。

大事なポイントは、商材によって本業に活かせるか、スキルアップできるかは変わってくるので自分に必要な商材を選びましょう。

とはいえ、何がいいのかわからない方も多いと思います。

本業で活かすには、同じようなビジネスモデルを選ぶことがベターかなと思います。

市場価値を高めるために最近でいくと、SaasやIT系の商材を選ぶことがベターでしょう。

伸びている会社のほとんどがIT系であり、IT系の方がオンラインでの商談も多いため副業としても動きやすいはずです。

報酬体系は成果報酬になることが多く、受注した金額の○%などが一般的です。

サブスクリプションモデルの場合は、毎月売り上げの○%などの報酬体系もあります。

このため、半年契約や1年契約など長期で契約できた場合、その期間は報酬を得られるものもあります。

 

営業代行の副業での注意点

スキルアップもでき、市場価値も高まり、報酬も得られる副業ですが、注意しなければいけない点もございます。

注意点も把握した上で、始めることがおすすめです。

今回は、2点だけご紹介させていただきます。

 

あくまでも副業

読んで字の如く、あくまでも副業です。

本業が疎かにならないように、自己管理しましょう。

副業をやってスキルはついたけど、本業で成果がでなくなりましたでは、市場価値はそこまで上がりません。

本業の成果を出したり、市場価値を高めるために副業をするという目的は忘れてはいけません。

 

全て自己責任

副業のテレアポ中や営業代行中トラブルは全て自己責任になります。

営業先のクライアントと揉め事がある可能性が0でないことも頭に入れておきましょう。

 

営業代行の副業から独立も目指せる

キャリアという面でも営業代行の副業をすることで幅は広がります。

初めは、副業という形で営業代行からスタートして、営業代行でも成果が出せてきたタイミングで独立をするケースもあります。

私自身、副業から少しずつという形ではなかったものの、現在はフリーランスとして営業代行をしながら生計を立てています。

このように、営業代行を行うことで自分自身のスキルも高めながら、キャリアの幅も増やしていけるのです。

さらに、社外の方との人脈も広がっていくため、より独立しやすい状況を作り出すこともできます。

 

【まとめ】営業代行の副業で稼ぐな!将来のステップアップに使え!

冒頭でもお伝えしましたが、副業の目的はあくまでもスキルアップやキャリアの幅を広げるために使ってください。

稼ぐことが最優先になるのであれば、もっと別の方法もあるような気がします。

最近では、副業解禁する企業も増えてきており、今後はより副業しながら本業をする会社員の方も増えてくるでしょう。

会社の肩書きがなくても、個人の価値で生きていけるように営業代行の副業を活用するのがおすすめです。

 

もし、日々営業活動をする中で、書類業務や事務作業のタスクを少しでも無くしたいと感じている方には、スマートディール(SmartDeal)がオススメ。

スマートディールは、見積・提案書類をサッと作成して瞬時に送付でき、取引スピードを上げることが出来るクラウドサービスです。

書類状況を可視化し、スマートディール上で行ったタスクの進捗更新も自動でおこなってくれるのが特徴。

「あの案件ってどうなってたっけ?」で色々なツールを確認する必要がなくなり、手間だった事務作業を一元管理

PCでもスマホでも利用できるので、手間でめんどうな書類業務が文字通りスマートでシンプルになります。

現在α版につき無料から利用できるので、ぜひチェックしてみてください。

 

詳しくはコチラ

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

石井 力(イシイ リキ)

1995年生まれ。静岡県立藤枝東高校、関西学院大学卒。IT広告会社からフリーランスへ。知らなかったことを知ったり、新しい発見ができるような記事を書き、一人でも多くの方に人生の選択肢を増やしてもらいたいと思っている。

-副業, 営業の副業, 営業代行
-,

© 2020 エニーセールス・マガジン