キャリア・転職

営業の転職にはキャリアアップの意識が必要?知って得する4つのプランを紹介

営業を行いつつ、キャリアアップのための転職を考えている方も多いのではないでしょうか。

転職経験のある営業は別ですが、キャリアアップを兼ねた転職に戸惑ってしまう方が少なくありません。

こで、この記事では営業が着実にキャリアアップするための、4つのプランを紹介していきます。

自分のビジョンや適性を加味しながら、いくつかの選択肢を模索していきましょう。

 

営業の転職にはキャリアアップが必須?

結論からお伝えすると、営業の転職にはキャリアアップが欠かせません。

もちろん、「転職をすれば待遇が変わる」というケースばかりではありませんが、将来的なキャリアアッププランは極力具体的なものにしておきましょう。

営業は営業として活躍し続けるイメージがありますが、実はほかの職種でも十分に活用できる実力をもっている方が少なくありません。

具体的なキャリアアッププランは後ほどふれますが、積み重ねてきたソフトスキルが高く評価されるケースも多く存在しています。

営業が転職の際に描く4つのキャリアアッププランとは?

ここからは、営業が転職の際に描くキャリアアッププランを紹介していきます。

持ち合わせているスキルにも寄りますが、次の4つが評価を高めやすいプランといえます。

  • 営業のマネジメントをおこなう
  • 企画などの他部署で活躍する
  • 新しい業界・職種に挑戦する
  • 営業ノウハウを使って独立する

自分の適性を冷静に見極めることで、自分に合ったキャリアアッププランを構築できるでしょう。

営業のマネジメントをおこなう

営業が描く1つ目のキャリアアッププランが、「営業のマネジメントをおこなう」というものです。

すでに実績を作ってきた営業であれば、そのノウハウをほかのセールスマンに伝授していくことができます。

また、自分自身のスキルアップの観点からも、マネジメントをおこなう経験は非常に貴重なものになるでしょう。

「名プレーヤーだからといって名監督になるとは限らない」ともいわれますが、部下のモチベーションに配慮しながら、ノウハウを伝授することで自身の市場価値をさらに高められます。

企画などの他部署で活躍する

営業が描く2つ目のキャリアアッププランが、「企画などの他部署で活躍する」というものです。

実績のある営業のなかでも、マーケティングに強みを持っている方には、このキャリアアッププランが特におすすめです。

自分自身が営業をおこなうわけではなく、企業や製品の価値を高めるプロデュースをおこなうことが企画の仕事です。

商談をするなかで肌で感じてきた顧客のニーズを反映することで、より価値の高いプロデュースに貢献できるでしょう。

新しい業界・職種に挑戦する

まったく新しい業界・職種に挑戦することも、営業のキャリアアッププランの1つです。

特に同じ業界であれば、高い実績を残しているビジネスマンにしっかりとした報酬を準備することも珍しくありません。

また、新たな職種に挑戦する場合には、営業としてのノウハウを活かせる領域であることを確認しておきましょう。

人事や経理は営業としてのスキルを活かせますが、研究職に挑戦するようなケースでは一から実績を積み上げていかなければなりません。

人事や経理は営業のモチベーションアップ、経費の削減などに寄与できるため、おすすめの職種といえます。

 

営業の転職におすすめの業界とは?

では、営業の転職におすすめの業界とは、どのような環境なのでしょうか。

ここからは特におすすめの業界として、IT業界と人材業界の2つを取り上げます。

自分が持っているノウハウを、さらに有効活用できる業界を模索することがキャリアアップのコツです。

IT業界

1つ目の営業の転職におすすめの業界がIT業界です。

システム構築やWEB制作などがIT業界に含まれますが、非常に将来性を見込める業界といえます。

IT業界の営業は、まったく知識のない状態からでも挑戦しやすいとされ、現在でも人材を積極的に採用しています。

製品やITに関する専門知識は入社後から身につけられるため、高いソフトスキルのある営業が重宝されるケースも珍しくありません。

人材業界

営業のスキルを活かしつつさまざまな働き方を希望する方には、人材業界がおすすめです。

一般的には企業に人材を派遣するイメージのある人材業界ですが、実は多種多様の働き方ができる環境です。

人材を紹介し、その成果報酬を得るというビジネスモデルは、サービスのごく一部なのです。

人材紹介以外にも、企業がおこなう業務の最適化や人材募集のプロモーション支援といった事業をおこなっています。

クライアントと折衝をおこないつつ、適切な提案をおこなうという点では営業のソフトスキルを有効活用できます。

また、ほかの事業に挑戦したい場合には、転職をせずにさまざまなサービスに自分のノウハウを活用できます。

 

営業ノウハウを使って独立する

営業が描く4つ目のキャリアアッププランが、「営業ノウハウを使って独立する」というものです。

独立にはかなりシビアなイメージがありますが、すでに独立に必要なスキルを持ち合わせている営業も少なくありません。

具体的な例をあげると、自社サービスの提案はもちろん、営業ノウハウを伝えることも独立した営業が着手できる例の1つです。

そのほかにも、講師として営業のコンサルティングをおこなう、人材が不足しがちな企業向けに営業に特化した人材を募集するといった形態も、営業の実績をフル活用できる領域といえます。

 

営業が転職の際にキャリアアップと一緒に考えておくべき5つのこと

最後に、営業が転職のキャリアアッププランと一緒に考えておくべきことを解説していきます。

営業が転職の際にもっとも注意すべきことは、蓄積してきた実績を台無しにしてしまうことです。

興味本位やなんとなくといった理由の転職は、積み上げてきたキャリアを台無しにする可能性を高めてしまいかねません。

自分が持ち合わせているスキルについて

営業が転職の際にキャリアアップと一緒に考えておくべき1つ目のことが、「自分が持ち合わせているスキルについて」です。

環境や扱う商材を変えたいなど、転職を検討する理由はさまざまです。

ただし、自分が持ち合わせているスキルが、正当に評価されるかを冷静に見定める視点をもっておくことは非常に大切です。

転職の際に評価される営業のソフトスキルは、大まかに次の5つです。

  • 問題解決能力
  • コミュニケーション能力
  • 情報収集能力
  • 柔軟性に対応する能力
  • セルフプロデュース能力

もちろん、すべてのスキルが求められるわけではありませんが、自分の長所を冷静に分析する視点は持ち合わせておきましょう。

転職を期に商材が変わったとしても、問題解決能力やコミュニケーション能力、情報収集能力といった営業の土台があれば、他社でも正当な評価を得られるはずです。

 

自分自身の適性について

自分自身の適性についても、営業が転職の際に考えておきたいことです。

仕事である以上は、目標に向かって全力を尽くすことが大前提となります。

ただし、適性のない仕事は、自身のパフォーマンスが発揮されているとはいいがたい状況ともいえます。

営業をしながら転職を検討されている方は、冒頭でも触れた営業のマネジメントをおこなう・企画などの他部署で活躍する・新しい業界/職種に挑戦するといったキャリアプランから、適性に合ったものをチョイスしてみましょう。

転職を考え始めた理由が、「もう少し自分の企画力を活かしたい」、「ロジカルに説明するスキルを広めたい」というものであれば、ほかの部署が適材適所であることも珍しくありません。

確実にキャリアアップに繋がる転職かどうか

「確実にキャリアアップに繋がる転職かどうか」も、営業が転職の際に考えておきたいことの1つです。

繰り返しとなりますが、環境や仕事内容を変えても、一時的なやりがいやモチベーションを感じ、キャリアアップに繋がっていない転職をしてしまうケースも珍しくありません。

また、待遇ばかりに気を取られ、転職を繰り返してしまうことも多くあります。

そのため、営業で転職を検討する際には、自分が描くビジョンに見合っているかを見極めることをおすすめします。

「将来的にどのような働き方をしたいのか」「どんな仕事ができれば満足できるのか」を頭の片隅におきながら、転職をおこなう動機を明確にしていきましょう。

 

転職先業界の今後について

営業をおこないつつ他業界への転職を検討する際は、今後の見通しについても検討しておきましょう。

実績のある営業であれば、どんな環境でも戦えるスキルを持ち合わせていることは事実です。

ただし、今後のニーズが見込めない業界への転職には注意が必要です。

経済にも配慮している方であればご存知だと思いますが、今後はさらに高齢化が加速します。

また、IT化も進行することが予測されます。他業界へ挑戦する際は、このような経済状態にフィットするか、または戦略を考え抜いている企業かをしっかりと確認しておきましょう。

転職エージェントなどの助っ人について

転職エージェントなどの助っ人についても、転職する際に考えておくべきポイントです。

特に自分に自信のある営業ほど、独断でキャリアプランを選択してしまいがちです。

ただし、人材業界のプロである転職エージェントなどの助っ人に頼ることで、新たな選択肢がうまれる可能性があることも理解しておきましょう。

転職エージェントは経済状態に配慮しつつ、最適な職探しをサポートしてくれるプロです。

すべてを任せるつもりがなくても、無料相談会などの機会を活用することで、気づけなかった自分の活かし方を見いだせるケースも少なくありません。

 

【まとめ】営業の転職はキャリアアップの視点を持つことが大切

営業をおこないつつ転職を検討している方は、キャリアアップの視点も大切にすることが大切です。

やりがいやモチベーションを優先する営業もいますが、残念ながら満足感を得られるのは一瞬に過ぎません。

そして、転職を繰り返すという、サイクルに突入してしまうケースも珍しくありません。

そのような循環に入り混むことを避けるためにも、自分のビジョンや適性に基づいたキャリアアッププランを模索しておきましょう。

転職エージェントなどの力を借りることで、営業活動で培ったノウハウやスキルを最大化できるはずです。

 

【転職でのキャリアアップをお考えの方へ】

弊社では、いま営業転職で最も注目されている将来有望なSaaS業界の企業専門の転職支援「SaasAgent」を運営しています。

SaaS営業に特化した転職エージェント「SaasAgent」では、業界に関するリアルな情報を貰いながら転職をサポートします。


SaaS営業の転職のプロに相談し、キャリア相談だけでなく、企業の内情や裏情報を専門家から直接聞き、SaaS転職に必要な専門的なアドバイスを貰うことができます。

また、SaasAgentでは営業職だけでなく、カスタマーサクセス、マーケティング、事業企画など幅広い職種を提案したり、将来まで見越したアドバイスをくれるのが大きな特徴です。

まずは無料のキャリア診断から出来ますで、SaaS営業のキャリアや転職にご興味があればお気軽にご相談ください。

 

詳しくはコチラ

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

石井 力(イシイ リキ)

1995年生まれ。静岡県立藤枝東高校、関西学院大学卒。IT広告会社からフリーランスへ。知らなかったことを知ったり、新しい発見ができるような記事を書き、一人でも多くの方に人生の選択肢を増やしてもらいたいと思っている。

-キャリア・転職

© 2021 エニーセールス・マガジン