IT業界 営業の転職 職種別解説

未経験から始めるIT営業への転職!会社を間違えないための条件とは

あなたは“IT”と聞いて、どんなイメージを思い浮かべますか?「専門知識やスキルが求められそう」「関心はあるけど、チャレンジする勇気はない…」と、IT業界未経験者には手の届かない仕事だと思っていませんか。

実はIT営業は、未経験からでもなれるチャンスは存分にあるのです。本記事では、未経験からIT営業を目指すときのポイントや、IT営業の仕事内容、転職を成功させるコツなどをお伝えします。

 

IT営業へ未経験から転職!先に抑えておきたいポイント

特別に必要な知識やスキルはない

ITと聞くと専門的な知識やスキルを求められるのでは?と思いますが、実は他業界と同じく、営業経験を問われることが多いです。

特に法人営業・提案営業の経験があると喜ばれるでしょう。プログラミングスキルや、基本情報技術者試験など資格の有無を問われることは、かなり稀。選考で多少有利に働くことはあるものの、必須条件にしている企業はほとんどありません。

営業経験の実績と、ITへの関心があれば、転職できるチャンスは大いにあります。

 

未経験で入社しやすいのは、人物重視の企業

どの業界でも言えることですが、未経験で入社しやすいのは、知識やスキルよりもポテンシャルを重視する企業です。「入社したら頑張ってくれそう」「将来的に活躍してくれそう」と、期待できる人材を採用するのです。こうした企業は、ベンチャー企業に多め。これから事業を大きくしていく上で、熱意ややる気を持った人材を求めているのです

。企業が何を重視して採用しているかは、求人広告や採用HPに書いてあることが多いので、そこから読み取りましょう。キャリアアドバイザーなどのプロに聞くと、生の情報を得られることもありますよ。

 

こんな人が採用されやすい

具体的には、下記のような特徴に当てはまる人は、未経験でも採用されやすいでしょう。

もちろんすベてに当てはまらなくても、いくつか該当項目があれば求められる人材だといえます。それぞれ解説を付けているので、ぜひチェックしてくださいね。

チェックポイント

  • 学習意欲のある人(イチからITの知識やスキルを身に付けるため)
  • ヒアリング能力のある人(顧客の課題をしっかり聴く必要があるため)
  • プレゼンテーション能力のある人(競合他社より自社の製品やサービスを提案するため)
  • 問題解決能力のある人(予期せぬトラブルに向き合い、社内外の技術者と解決するため)

 

未経験で活躍しやすいのは、法人営業経験者

IT営業の中でも、法人営業は経験者は活躍しやすいでしょう。というのも、最初は信頼関係の築けている既存顧客を担当できることが多いから。

既に自社の製品やサービスを熟知してくれているなど、未経験でも対応しやすいのです。仕事をしながらITに関する知識を身に付けたら、新規顧客の担当にシフトすることもあるかもしれません。徐々に慣れていけるので、法人営業経験者はオススメです。

 

IT営業で未経験から転職しやすいのは3種類

SES(システムエンジニアリングサービス)営業

IT営業では、顧客に対してエンジニアやプログラマーなどの技術者を派遣することがあります。技術者は顧客先に派遣され、ソフトウェア・システムの開発や運用を手掛けるのです。

営業は顧客の希望をヒアリングし、それに適した技術者を派遣する必要があリます。このように、技術者の能力を商品として売り込む営業がSES営業です。

 

パッケージシステム販売営業

既に出来上がっているシステムのことを、パッケージシステムやパッケージサービと呼びます。身近なものだと、様々なパソコンに導入できるセキュリティソフト。

これは家電量販店などで売られていますが、パッケージシステム販売営業は、そのようなシステムを顧客に直接販売するのです。基本的に製品やサービスのマニュアルがあるので、ITに関する知識が浅いうちでも、取り組みやすい営業でしょう。また、自社の営業だけで対応しきれないときは、販売代理店を探して手配することがあります。

 

SI(システムインテグレーション)営業

IT業界における企画・提案営業です。顧客の課題をヒアリングして、それを解決するシステムやソフトウェアを提案。契約後は、顧客の課題や希望を社内外のエンジニアやプログラマーに伝えます。

顧客と技術者の間に立ち、それぞれとコミュニケーションを図るので、高い能力が求められます。既存のシステムで対応できない場合は、イチから開発することも。営業であっても、ITに関する知識やスキルが求められるので、エンジニア出身の社員や、資格を持っている社員が多いです。

 

IT営業は未経験から転職しても稼げる?待遇は良い?

IT業界の平均年収は500万円前後

IT業界全体の平均年収は、500万円前後を推移しています。特に営業は、成果が賞与やインセンティブで還元されやすいので、他職種に比べて年収が高い傾向にあります。

また、IT営業の年収は他の営業に比べて、将来的に上がりやすいです。IT業界全体が拡大し続けているので、売上が伸びやすく、写真に還元されやすいのです。なかでも、企業の製品やサービスがよく売れていたら、その分社員に還元されやすいでしょう。

IT企業に転職するときは、今注目されている製品・サービスを扱う企業はもちろん、将来ニーズが高まりそうな商材を扱う企業も要チェックです。

ITによる効率化で残業は少なめ

IT業界は他業界に比べて、残業が少ない傾向にあります。IT業界というだけあって、ITツールを駆使して業務を効率化し、結果的に残業が減っているのです。そのためIT営業は、より短い時間で成果を上げることが求められやすいです。

また、最近ではチャットツールやクラウドサービスを活用することで、リモートワークを推奨する企業が増えています。働き方の自由度は高い業界だといえるでしょう。

 

IT営業へ未経験から転職成功するためのポイントは?

未経験からでも十分に転職するチャンスのあるIT営業。選考では具体的にどのようなことに気を付ければ良いのでしょうか。

面接官は、未経験の場合「今までどんな営業をしてきたのか」「営業スキルはどの程度持っているのか」「コミュニケーション能力はあるか」などを知りたがります。志望動機や自己PRでは、面接官の知りたいことを、具体的に伝えられるよう心掛けましょう。

例えば売上実績を分かりやすく伝えるために、予算対比や社内での順位など、比較できる数字を用いるのも良いでしょう。営業成績を上げるために、自分なりに工夫したことも伝えたいところです。

また、コミュニケーション能力は、面接での受け応えで判断されることはもちろんですが、チームワークを大切にして働けたことや、部下育成の経験など、業務で活かせたことを話す手もあります。

 

このように、未経験ならではの転職成功のコツは多くありますが、第一歩目として大切なのは、あなたの希望や適性に合った企業に出会うことでしょう。

 

他にもIT営業の全種類を解説している記事や、

IT営業は全13種類!企業や業界で異なる特徴を専門家が解説

IT営業は人気が高く、やりがいも大きい今注目の職種です。ただ、IT営業に興味があっても、未経験の人からするとIT業界自体が非常にわかりにくいですよね。 一体どの企業のIT営業なら将来性があるのか、稼げ ...

続きを見る

 

IT営業に関する疑問を解消する記事もありますので、あなたの希望や適性に合った企業を探す参考として、ぜひご活用ください。

IT営業は難しい?きつい?将来性は?激務?向き・不向きは?まるっと疑問を解消!

IT業界が伸びている今、IT営業やエンジニア、プログラマーなどITに関する求人が急激に増えています。 コロナな状況ですが、IT業界は他のサービス業と比べると影響を受けにくく、まだまだ未経験でも応募でき ...

続きを見る

 

とはいえ、営業の転職は、自身に合った優良求人を見つけるのがかなり難しく、ここが転職で失敗する際の一番の原因になっています。

インターネット上だけで、内情や裏情報まで収集するのはかなり困難です。

そこでまずは、営業の転職のプロに相談し、キャリア相談だけでなく、企業ごとの営業職務や、企業の内情や裏情報を専門家から直接聞くのも手段の1つとして良いでしょう。

20代営業に特化した転職エージェント「ベンチャーセールス」では、営業でトップ成績などの経歴のあるアドバイザーから、業界に関するリアルな情報を貰いながら転職をサポートしてもらえます。



IT業界、金融業界などの人気業界の営業職だけでなく、有形商材、無形商材を扱う会社など、相談者に合わせて、幅広い職種の情報を提供してもらえるのが特徴です。

トップ営業の経験者などがキャリアアドバイザーとして転職のサポートをするため、実際の仕事内容まで考えた支援を求職者の方に実施出来る点が、他の転職エージェントとは大きく違います。

まずは無料相談から出来ますで、ご興味があればお気軽にご相談ください。

 

詳しくはコチラ

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

石塚卓也

エニーセールス・マガジン編集長。マレーシア・シリコンバレーのスタートアップ、日系のベンチャー、営業フリーランスを経て起業。IT営業に関する本の出版や、セールスコミュニティの運営なども手掛ける。元サッカー馬鹿。

-IT業界, 営業の転職, 職種別解説
-, , ,

© 2020 エニーセールス・マガジン