キャリア・転職

転職でスカウトされやすい人の特徴5選!

 

同じようなスキルや実績がある人材でも「スカウトされやすい人材とそうでない人材」がいることをご存知でしょうか。

求人者の多くが転職サイトを利用するようになり、オンラインでの第一印象が選考の最初の関門とされるようになりました。

転職を検討されている方は、「どんな人がスカウトされやすいのか?」を分析してみましょう。

この記事をチェックすることで、上手なアピールの仕方を理解できるでしょう。

 

転職でスカウトされやすい人だけが手にできるメリットとは?

転職においてスカウトされやすい人材が手にできるメリットは、求人を見つけやすいことだけではありません。

選考を通過すれば新たな仕事に就けるのはもちろんですが、求職者側からのアプローチを始める前に、企業から関心を寄せられてアクションを起こしてもらえるのが大きなポイントです。

一般的な転職では求職者がエントリーをして選考がスタートしますが、スカウトされやすい人材は、オファーを受ける立場で選考を始められます。

その結果、交渉をおこなえる立場にあり、最終的に待遇を提示された段階で要望を伝える機会を得られ、一般的な転職よりもアドバンテージのある状態で選考を進められます。

 

転職でスカウトされやすい人だけに共通する5つのポイント

ここからは、転職でスカウトされやすい人材の特徴を解説していきます。

すぐに企業の関心を惹く人材になれるわけではありませんが、オンラインを有効活用している人材に共通するポイントがあると理解しておきましょう。

 

1.職務経歴書が理解しやすい

転職でスカウトされやすい人だけがもつ、1つ目の特徴が職務経歴書が理解しやすい内容であることです。

IT技術によって人事の仕事が簡略化されるようになり、求職者は、作成した書類を使った自己PR力が求められています。

ここで、使いこなすことで効率的に企業の関心を惹けるアイテムが、職務経歴書です。

職務経歴書にはこれまでの業務経験や身につけてきたスキルなど、求職者の人となりを理解できる内容が網羅されています。

そのため、職務経歴書が理解しやすいものであるかどうかに、非常に大きな重きが置かれるのです。

求職者の多くが”目を引く経歴”を書こうとしますが、企業の人事は職務経歴書から”コミュニケーション能力”を推し量っています。

まず何よりも、経歴をつかめる書き方がなされているかをチェックし、そのあとに内容の精査へと進んでいきます。

 

2.わかりやすい技能や資格をもっている

わかりやすい技能や資格をもっていることも、転職においてスカウトされやすい人がもつ特徴の1つです。

非常に難易度の高い技能や資格をもっていると、それだけで転職を有利に進める武器となります。

ただし、スカウトされるという目的においては、難しさよりも、使い方や活かし方をイメージしやすい技能や資格をもっていることが大切です。

例えば、WEB広告の営業職を希望する場合は、「広告を売るだけでなく、効果検証もできるように”googleアナリティクス個人認定資格”を取り、コンサルティング営業をできるようにした。」など、技能や資格をどのように活用しているかをイメージできる状態にすると、スカウトを受けやすくなるでしょう。

 

3.明確なキャリアプランをもっている

転職でスカウトされやすい人だけがもつ3つ目の特徴が、明確なキャリアプランをもっていることです。

キャリアプランは明確であればあるほど、企業の関心を惹くことに繋がります。伝えられるキャリアプランと会社で活躍するイメージがマッチするためです。

また残念ながら、「キャリアプランが不明確=なぜ転職を希望しているのかわからない」と捉えられがちであるので注意が必要です。

特に年齢を重ねるごとに、どうしても転職をしなければならない理由が必要になるため、極力自分自身のキャリアプランは明確なものにしておきましょう。

 

4.IT系などの成長産業での経験がある

IT系などの成長産業での経験があることも、スカウトされやすい人材だけがもつ特徴の1つです。

これまでに挙げてきた「わかりやすい技能や資格をもっている」「明確なキャリアプランをもっている」といった特徴はスキルに帰属する要因ですが、成長産業での経験があることはアピールできる企業数に関係します。

ニッチな産業での経験はニッチな産業へのアピールになりますが反対に、今やどのような企業も活用しているIT系サービスの提供企業での経験は、多くの企業にアピールできるポイントになるのです。

 

5.年齢層が25~35歳付近

年齢層が25~35歳付近であることも、スカウトされやすい人材の特徴です。

転職を希望している方の多くが耳にしたことがあるように、転職にはキャリア採用とポテンシャル採用の2つの形式があります。

転職サイトに明記されてはいませんが、年齢制限をかけている企業の多くは、年齢層が25~27歳付近を対象に将来性を期待するポテンシャル採用をおこなっています。

それ以降は年次が上がればがるほど現在の業界であったり、実績での判断が増えていきます。

社会経験の長い40歳以上を対象とする企業も多くありますが、そのほとんどが「中間管理職の経験がある」といったキャリア採用に該当する方式です。

 

転職でスカウトされやすい人がもっているソフトスキルとは?

転職においてスカウトされやすい人材は、どのようなソフトスキルをもっているのでしょうか。

ここからは転職後の活躍にも直結する、ビジネスマンがもっておくべき「コミュニケーションスキル」「情報収集力」の2つをわかりやすく解説していきます。

コミュニケーション能力

転職でスカウトされやすい人がもつ1つ目のソフトスキルが、コミュニケーション能力です。

コミュニケーション能力と聞くと、面接の場で確認されるイメージがありますが、人事は書類を確認する前の段階でその能力を精査し始めています。

コミュニケーション能力が高い人材は、誰が見てもわかりやすい職務経歴書を作れるなど、相手が求めていることを正しく把握し、応えるスキルに長けています。

具体例は、次の項目でも紹介しますが、求められている答えから書き出すことが何より重要です。

アピールポイントを記載するのであれば、「私の強みは〇〇です。前職では~」と書き進めていきましょう。

オンライン化された転職活動では、企業は文章からスキルを読み取り、個人的なスカウトをしていきます。

 

情報収集力

情報収集力もスカウトされやすい人材がもつ、ソフトスキルの1つです。

先ほど解説したように、転職活動はスカウトされ、企業からのオファーを受けた状態でスタートすることが望ましく、ほかの求職者よりも有利に選考を進められます。

そして、スカウトされる人材は、情報収集力を活かしてこの事実をいち早くチェックすることができています。

そのほかにも、企業のHPには記載されていない情報を書籍や他のサイトなどでチェックしている、職務経歴書の書き方に関する情報にもいち早くリーチしているといった行動ができているため、スカウトを受けるための条件を次々に満たしていくのです。

 

転職でスカウトされやすい人になるための3ステップ

最後に、転職でスカウトされやすい人になるためのステップを紹介していきます。

転職活動を始め、なかなかスカウトされにくい方も、次の手順を踏むことで、着実にスカウトを受ける件数を増やしていけるでしょう。

 

1.転職エージェントをフル活用する

転職活動でスカウトされやすい人になる1つ目のステップが、エージェントをフル活用することです。

転職エージェントは、頻繁にクライアント企業とのやり取りをしているため、どのような人材を求めているかを熟知しています。

また、求職者の面接サポートも業務の一般であるため、企業へのアプローチ方法にも精通しています。

そんな転職活動のプロフェッショナルの力を借りることが、スカウトされやすい人材になる第一歩です。

面接サポートの他にも、これまでの職歴を活かせる業界の紹介や企業研究の仕方などのレクチャーもしているため、早めの相談をおすすめします。

 

2.徹底的な情報収集をおこなう

徹底的な情報収集をおこなうことが、転職でスカウトされやすい人材になるための2つ目のステップです。

転職エージェントへの相談が済んだら、自分の手で調べられる情報をピックアップしていきましょう。

特に、次に触れる「職務経歴書の書き方」と「業界研究」の2つの項目は、情報の精査が必要です。

企業の関心を惹ける職務経歴書を作成するためにも、徹底的な業界研究は必ずおこなってください。

 

3.とにかく職務経歴書にこだわる

スカウトされやすい人材になるための、3つ目のステップは、とにかく職務経歴書にこだわることです。

大まかにではありますが、”人事の関心を惹く”職務経歴書には次のような特徴があります。

  • 最低限のルールやマナーが守られている
  • アピールポイントがわかりやすい
  • 人事の興味を引き出す内容である
  • 企業ニーズを反映している
  • 一貫した人間性を感じさせる

先ほども触れたように、オンライン化が進んだ転職活動では、職務経歴書の内容がスムーズな選考を始めるための肝になります。

自己分析を徹底し、アピールポイントを明確にしたうえで、職務経歴書を作りこんでいきましょう。

さらに、転職エージェントの手を借りたブラッシュアップをすることで、スカウトを受ける可能性を高められます。

 

【まとめ】自分を魅力的に見せ、転職でスカウトされやすい人材を目指せ

オンライン化が進んだ昨今の転職市場では、登録されている情報が魅力的かどうかがスカウトされるかどうかの分かれ道です。

ビジネスパーソンとしての経歴やスキルが魅力的であることはもちろんですが、その事実をわかりやすく伝える能力も必要です。

誰もが初めからスカウトされやすい人材であるわけではなく、小さな積み重ねを経て、数多のスカウトを受けることに成功しています。

「なかなかスカウトされない」という方は、まずは転職エージェントへ相談してみましょう。

エージェントのサポートを受けながら、業界研究や職務経歴書の書き方をマスターすることで、着実にスカウトされる可能性を高められます。

-キャリア・転職

© 2022 エニーセールス・マガジン