スキルアップ

営業で身につくスキル5選!転職時にしらなきゃ損!

営業という仕事でどんなスキルが身につくの?」といった疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか?

医師や研究職とは違い、営業は資格でアピールすることが少なく、身につけられる能力がわかりにくい職種のひとつです。

この記事では、営業を経験することで身につくスキルをわかりやすく紹介していきます。

身につけられる能力を客観的に理解することで、自分の市場価値を高めることが可能になります。

営業が身につくスキルを把握しておくべき理由とは?

非常に多くのスキルを身につけられる営業ですが、客観的に把握していることが何より重要です。

世の中には数多くの職種がありますが、営業職ほどスキルがわかりにくい仕事はありません。

もちろん、受注件数などの実績を評価されることもありますが、大学院卒や博士課程修了、弁護士資格といったステータスで表現されることはありません。

そのため、営業を経て、身につけたスキルは自分自身がしっかりと把握しておかなければならないわけです。

転職をする際などでも、「なぜ自分が受注を獲得できていたのか」を分析し、把握しておきましょう。

ソフトスキルというわかりにくい部分ですが、他人に伝えられる状態にしておくことで、市場価値を高められます

営業を続けると身につくスキル5選

ここからは、営業を続けることで身につくスキルを5つ厳選して紹介していきます。

数字をつくる営業は、課題発見力やコミュニケーション力に優れ、どこの会社でも活躍できる高い市場価値を備えています。

①課題発見力

営業を続けることで身につく、1つ目のスキルが課題発見力です。

課題発見力とは一言でいえば、自ら率先して問題提起をし、その課題を表面化させる能力を指します。

先々のあるべき姿を想像し、理想とのギャップを洗い出し、さまざまな対策を講じることができるスキルです。

そして、数字をつくる営業ほど、先回りをする課題発見力に優れています。

非常に似たスキルに、問題解決力がありますが、あらかじめ予期しているかどうかという点に大きな違いがあります。

ビジネスマンとしては、すでに表面化している問題を解決する能力も重要ですが、課題を発見する力があるセールスマンが優れた営業として活躍できるわけです。

②コミュニケーション力

コミュニケーション力が、営業を続けることで身につく2つ目の能力です。

一言で表現することが難しいスキルですが、お客様の心理状態に合わせた対応をおこなえる能力といえるでしょう。

さまざまな言葉で言い換えられるコミュニケーション能力ですが、ビジネス研修などの場では次の3つの能力に分類されるケースがほとんどです。

  • 傾聴力
  • プレゼンテーション能力
  • 調和力

「数字をつくれる営業=プレゼンテーション能力が高い」というイメージがあると思いますが、優れた営業ほどお客様のニーズを正確に把握できます。

また、お客様の心理状態に合わせ、安心感を与えながら商談を進める点も、数字をつくれる営業の特徴です。

お客様の話に耳を傾けながら、必要な個所を魅力的に話す能力に優れているわけです。

③ロジカルシンキング力

営業を続けることで身につく、3つ目の能力がロジカルシンキング力です。

ロジカルシンキング力は論理的思考力とも呼ばれ、相手に順序立てて伝えられる力を指します。

プレゼンテーション能力と共通する部分もありますが、ロジカルシンキング力は魅力的に話すことよりも、相手に理解してもらうことに重きをおいたスキルです。

商談の場では、「なぜこの結論になるのか?」や「なぜこのような工程が必要なのか?」など、お客様にその原理を理解してもらうためにロジカルシンキング力が求められます。

また、スムーズな社内連携という目的を果たすためにも、ロジカルシンキング力が必要とされています。

「今月の見込みはどのくらいなのか?」や「いつまでの納品を予定しているのか?」を理論立てて説明し、社内での信頼を勝ち取る際にも活きる能力です。

④セルフプロデュース力

セルフプロデュース力も、営業を続けることで身につく能力のひとつです。

セルフプロデュース力は、自分を客観視し、「どのような点がお客様を惹きつけているのか」を分析する能力ともいえます。

市場価値とも関連する考え方ですが、個人能力が求められる営業では、お客様を惹きつける魅力が必要不可欠です。

そして、その魅力を決して無理をすることなく、自分の持ち合わせている資質のなかから見つけ出せている点が、数字を作る営業が持ち合わせているスキルです。

一口にお客様に納得してもらうといっても、「女性ならではの視点を活かす」、「相手を楽しませて安心してもらう」、「とにかく専門知識で戦う」など、自分の魅力の活かし方はさまざまなのです。

⑤情報収集力

営業を続けることで身につく5つ目の能力が、情報収集力です。

情報収集力には、さまざまな定義がありますが、営業職は質の高い情報を集られる仕組みをもっていることが何より大切です。

情報収集の方法も数多くありますが、ニュースやYouTubeだけではほかの営業がもっていない情報を得ることは困難です

また、残念ながら、1つ1つの情報を深掘りする時間も営業にはありません。

そのため、ひと月数千円でも、有料コンテンツへの投資をおこなうことをおすすめします。

また、質の高い情報が集まる経営者とのコネクションをもつことも重要です。

決して競争しているわけではありませんが、ほかの営業よりも質の高い情報を得られる仕組みさえあれば、業務効率を一気に高めることも可能になります。

視座の高い情報を発信することで、社外だけでなく社内からの信頼も獲得できるはずです。

 

営業で身につくスキルを効率化する3つの方法

ここからは営業で身につくスキルを、より効率化する方法を紹介していきます。

営業は、商談をどのような場にするかを常にイメージすることが大切です。

商談にもステップがあることを意識し、事前のシミュレーションと実際の場数を経験することで、着実に営業スキルを身につけていけるでしょう。

商談のステップを意識する

営業で身につくスキルの習得を、より効率化する1つ目の方法が「商談のステップを意識する」というものです。

プレゼンテーションをおこない、顧客ニーズを満たすことが一般的な営業の仕事ですが、数字を作れる営業は次の5つのステップを意識しています。

  • ステップ1:事前準備
  • ステップ2:アプローチ
  • ステップ3:ヒアリング
  • ステップ4:提案、プレゼンテーション
  • ステップ5:クロージング

「商談前の事前準備で勝負が決まっている」といわれることもあり、数字を作れる営業ほど事前準備に注力しています。

まだ、新しい情報をプレゼンテーションに盛り込んだり、自分だけの魅力を磨くといった準備に力を入れているわけです。

また、この5つのステップを意識することで、見込み客の進捗を冷静に見極めることも可能になります。

「次の商談で提案、プレゼンテーションをおこなう」、「このお客様はヒアリングをもっとして、問題意識を明確にする」といった段取りをすることで、地に足のついた営業をおこなえるようになります。

業務の効率化にも、この5ステップへの意識は有効です。

事前準備でのシミュレーションを大切にする

事前準備でのシミュレーションを大切にすることも、営業で身につくスキルをより効率化するひとつの方法です。

数字を作れる営業ほど、決まっていない事項が多い段階から商談の進め方をイメージしています。

そして、先ほど触れた5つのステップを頭に入れておくことで、事前準備のシミュレーションをより具体的なものにできます。

「お客様の声をヒアリングし、どのように自社の強みを提案するか」、「提案からクロージングには、どのような流れを作るか」をイメージしておくことが何より大切です。

事前に障害をシミュレーションし、その対策を複数用意しておきましょう。

とにかく場数を経験する

営業で身につくスキルの習得を、より効率化する3つ目の方法が「とにかく場数を経験する」というものです。

これまでに触れた身につけるスキルを効率化する方法では、商談の5ステップを意識すること、事前準備からシミュレーションをしておくことの大切さをお伝えしました。

ただし、商談の場数を経験することは、それ以上に大切です。

「営業は段取りが命」ともいわれますが、残念ながら失敗しない限りどのタイミングで、なにをしておくべきなのかを知ることはできません。

また、場数を経験しない限り、自分の良さや長所が、どのようなところにあるのかを把握することも困難です。

事前準備に力を注ぎながら、商談というリアルな経験を答え合わせの場として活用していきましょう。

 

営業が身につくスキルを把握しておくメリット

最後に営業で身につけられるくスキルを、把握するメリットを紹介していきます。

営業職を経験することで得られるスキルを把握することで得られるメリットは、「どんな環境でも活躍できる人材になれる」ことです。

冒頭でも触れたように、営業で身につくスキルのほとんどはソフトスキルであり、アピールすることが難しい能力です。

ただし、そんなスキルも自分で把握し、活かすことができれば、どんな環境でも活躍できる人材になることができます。

また、営業で情報収集力を身につけ、景気の動向を自分の目でチェックすれば、ニーズのある企業への転職も容易になります。

 

【まとめ】営業で身につくスキルを把握し、市場価値を高める

営業を経験することで、課題発見力やコミュニケーション能力、ロジカルシンキング力といった能力を身につけられます。

また数字を作れる営業は、営業の5ステップを意識し、事前準備に注力し、実践を通じて着実に能力を高めることに成功しています。

そして、営業は商談を通じて身に着けられるスキルを、客観的に把握していることが何より重要です。

医師や研究職のように、価値のある資格を必要とする職種ではないため、自分自身の良さや長所を把握しておく必要があるのです。

このように、課題発見力やコミュニケーション能力、ロジカルシンキング力と、一見わかりにくいソフトスキルを積み重ね、

自分自身で正確に把握しておくことで、どんな環境でも活躍できる人材に成長することが可能になります。

SaaS企業の転職は、スタートアップや外資も多く、自分のキャリアや将来につながる企業から内定を取るのがかなり難しく、ここが転職で失敗する際の一番の原因になっています。

そこでまずは、SaaS営業の転職のプロに相談し、キャリア相談だけでなく、企業の内情や裏情報を専門家から直接聞き、SaaS転職に必要な専門的なアドバイスを貰うのも手段の1つとして良いでしょう。

SaaS営業に特化した転職エージェント「SaasAgent」では、業界に関するリアルな情報を貰いながら転職をサポートします。



SaasAgentはただの人材会社ではなく、SaaS運営企業が提供しているサービスなので、地に足がついた支援を行なうことが可能。

また、SaasAgentでは営業職だけでなく、カスタマーサクセス、マーケティング、事業企画など幅広い職種を提案したり、将来まで見越したアドバイスをくれるのが大きな特徴です。

まずは無料のキャリア診断から出来ますで、SaaS営業のキャリアや転職にご興味があればお気軽にご相談ください。

 

詳しくはコチラ

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

石井 力(イシイ リキ)

1995年生まれ。静岡県立藤枝東高校、関西学院大学卒。IT広告会社からフリーランスへ。知らなかったことを知ったり、新しい発見ができるような記事を書き、一人でも多くの方に人生の選択肢を増やしてもらいたいと思っている。

-スキルアップ

© 2021 エニーセールス・マガジン