お悩み解消 キャリア・転職 選考対策

ホワイト企業共通の特徴とは?企業の見極めが転職活動の鍵!

働き方の多様化により、以前にも増して注目が集まっているホワイト企業。

転職を検討している時や転職活動中、ホワイト企業に転職したいと強く願っている方も多いでしょう。

今回は、ホワイト企業に共通する特徴と、ホワイト企業を選択するメリットデメリットを解説していきます。

企業を見極める基準を明確化して、より効率的な転職活動を実現しましょう。

 

ホワイト企業に共通する特徴10選!

まずは、ホワイト企業に共通する特徴を紹介していきます。

「どのような会社がホワイト企業と呼ばれるのか」、「どのような特徴をもっているのか」を理解することで、ホワイト企業と呼ばれる会社の価値を推し量れます。

※今回ご紹介する特徴は、主に大企業を想定したものです。

 

特徴1、福利厚生が充実している

ホワイト企業に共通する1つ目の特徴が、福利厚生の充実です。

ホワイト企業がどうかを見極める際、法定福利厚生と法定外福利厚生があることを理解しておきましょう。

  • 法定福利厚生:健康保険、介護保険、厚生年金、雇用保険、労災保険
  • 法定外福利厚生:住宅手当、通勤手当、健康診断補助、社員食堂の有無、育児手当、資格取得費

特に女性の活躍が目覚ましい昨今では、育児手当、時短勤務などの法定外福利厚生を設定し、女性が働きやすい環境を用意しているホワイト企業が増えています。

特徴2、有給消化の実績が明確

有給休暇は”社員に与えられている当たり前の権利”というイメージを抱きがちですが、取得を促している企業や、その実績を公開している企業は思いの外少ないものです。

有給休暇という制度があるだけでなく、その権利を従業員が使えているかどうかをしっかりと確認しましょう。

 

特徴3、離職率が低い

離職率が低いことも、ホワイト企業に共通するポイントの1つです。

企業のホームページには掲載されていない場合もありますが、新卒社員と中途社員のそれぞれの離職率を確認しておきましょう。

「新卒社員を大切にしている」という発信をする企業は多くありますが、優良企業であれば中途社員も同様に、低い離職率を実現しているはずです。

 

特徴4、求人をあまり出していない

「離職率が低い」と同じニュアンスではありますが、求人をあまり出していない点もホワイト企業に共通するポイントの1つです。

離職率を抑えることができない企業ほど、転職サイトやエージェントをフル活用した採用活動をしますが、ホワイト企業は基本的に人材不足に陥りません

退職者が出る時期に絞った採用活動をしているため、転職希望者が求人を見つけられないケースも珍しくありません。

 

特徴5、残業時間が少ない

ホワイト企業の共通点5つ目が、残業時間の少なさです。

残業時間が多いかどうかわからない方は、月20時間を目安確認していきましょう。

残業時間を1日1時間に抑えるためには、企業が適切な施策を実施しており、さらに従業員にもその文化が根付くように努力しています。

残業時間を減らす意識を従業員自身がもっているため、より効率的な業務を行いやすい環境と言えるでしょう。

 

特徴6、労働環境を柔軟に変化させている

労働環境を柔軟に変化させていることも、ホワイト企業に共通する特徴の1つです。

リモートワークが普及している昨今、顧客との打ち合わせなどどのように対応しているかを確認しておきましょう。

ホワイト企業ほど専用端末の持ち出しやシステムを利用しており、従業員に負荷をかけない業務効率化に取り組んでいます。

 

特徴7、明確な評価制度がある

ホワイト企業には、明確な評価制度があるという共通点も存在します。

営業など限られた職種は、ほとんどの会社でひと月や四半期ごとの明確な目標を設定します。

しかしホワイト企業ではその他の職種についても、わかりやすい評価制度を用いています。

ただし営業目標達成=昇進・昇給ではない企業もあるため、「評価制度を確認して、取り組むべき事柄がイメージできるか」を確認しておきましょう。

 

特徴8、ストレスの少ない労働環境を得られる

会社ごとのさまざまな取り組みがあることはもちろんですが、ホワイト企業の多くが従業員に働きやすい環境を提供しています。

そのため、綺麗なオフィスや十分な機能を備えたOA機器など、業務効率化につながる資材や備品を取り揃えた環境で働けます。

 

特徴9、ワークライフバランスを整えられる

ホワイト企業ほど、さまざまな働き方が求められる時代に合わせ業務時間の管理を徹底しています。

そして、従業員の目線では、先々のキャリア形成に必要な時間を確保できる利点があります。

残業時間を減らし、空いた時間を有効活用することで、他業種への転職や独立に必要なスキルアップができます。

 

特徴10、独立や転職のタイミングを見失う

ホワイト企業では、ビジョンを見失うことで独立や転職のタイミングを見失う可能性もあります。

働きやすい環境が用意されているからこそ、転職を次のキャリア形成につなげたいと考えている方は注意が必要です。

自分の力で何かをしたいとキャリアプランを考えている方は、あくまでキャリア形成の途中であるという意識を持ち続けるようにしましょう。

 

特徴11、急激に成長できる環境ではない?

ホワイト企業には仕事を効率的に進めるための要素がすでに用意されているケースが多くあります。

ベンチャーやスタートアップ企業に、業務をスムーズに進めるために必要な環境がないわけではありませんが、

ホワイト企業ではプロジェクトを進めるために重要な考える力が育ちにくいかも知れません。

 

ホワイト企業への転職を成功させるポイント

最後に、ホワイト企業への転職を成功させるポイントを紹介していきます。

まずは、求人数が限られている・業務の効率化に必要な環境が用意されているなどの特徴を、しっかりと理解しましょう。

それによって、これから紹介するコネクションを作る、企業とのマッチングを冷静に見極めるといったノウハウの必要性を理解できます。

 

エージェントや紹介を有効活用する

ホワイト企業への転職を成功させる1つ目のポイントが、エージェントや紹介を有効活用する方法です。

冒頭でも触れたように、ホワイト企業は離職率が低く、求人そのものが少ないため、求人サイトには掲載していないケースも少なくありません。

そのような場合でも、エージェントや勤めている企業の上司や同僚、知人や友人の紹介という手段を活用すれば、数少ないホワイト企業へのアプローチが可能になります。

 

企業と自分の相性を冷静に見極める

企業と自分の相性を冷静に見極めることも、ホワイト企業への転職を成功の秘訣です。

ホワイト企業には残業時間が少ない、評価制度が明確であるといった共通点があるものの、すでに文化や風習が確立されている可能性が高いです

企業の取り組みと従業員の意識が統一されている証拠ですが、

「組織を変化させたい、自分のアイデアを試してみたい」と考えているビジネスパーソンには、窮屈に感じられる可能性があります。

 

根拠のある情報を参照する

ホワイト企業への転職を成功させる3つ目のポイントが、根拠のある情報を参照する手段です。

インターネットの普及により、転職情報を簡単に入手できるようになった一方情報の質を見極める能力が求められています。

転職に使える情報は、極力、有料サイトやエージェントといった信用できる専門家から仕入れることをおすすめします。

特に離職率や残業時間といった情報が、企業のホームページに掲載されているケースは稀です。

ほかの転職希望者が手にしていない情報を得るためには、適切な有料サイトの登録やコネクションの活用が重要なのです。

 

【まとめ】ホワイト企業の特徴を把握して、スムーズな転職活動に活かそう

ホワイト企業への転職を考えているなら、まずは有給消化率や離職率といった優良企業の特徴把握からはじめましょう。

また、数少ない求人に応募するのですから必要なノウハウを身につけることが重要です。

ホワイト企業は離職率が低く、求人サイトへ掲載される機会が少ないため、エージェントや紹介といったサポートの活用が非常に重要です。

企業が求める適性能力を備えているか、自分に合った企業かを冷静に見極めていきましょう。

 

【ホワイト企業に自分が合っているか知りたい方へ】

弊社では、いま営業・CS転職で、最も注目されているSaaS業界の企業専門の転職支援「SaasAgent」を運営しています。

SaaS営業・CS職に特化した転職エージェント「SaasAgent」では、業界に関するリアルな情報を提供しながら転職をサポートします。


SaaS業界転職のプロにキャリア相談できるだけでなく、企業の内情や裏情報を専門家から直接聞き、SaaS転職に必要な専門的なアドバイスを貰うことができます。

営業職、カスタマーサクセス、マーケティング、事業企画など幅広い職種が紹介でき、将来のキャリアプランまで見越したアドバイスを受けられます。

まずは無料のキャリア診断から出来ますので、SaaSキャリアや転職が気になる方はお気軽にご相談ください。

 

詳しくはコチラ

 

-お悩み解消, キャリア・転職, 選考対策

© 2022 エニーセールス・マガジン