IT業界 営業の転職

IT営業は難しい?きつい?将来性は?激務?向き・不向きは?まるっと疑問を解消!

IT業界が伸びている今、IT営業やエンジニア、プログラマーなどITに関する求人が急激に増えています。

コロナな状況ですが、IT業界は他のサービス業と比べると影響を受けにくく、まだまだ未経験でも応募できる求人が増えています。

しかし「IT業界は激務できついらしい?」「IT営業って専門的だから難しい?」など、取っ付きにくい印象が強いかもしれません。

本記事では、IT営業への就職や転職を検討するとき、疑問に浮かぶことをまとめて解消。IT営業は本当にきついのか?激務なのか?仕事内容や向き不向き、キャリアパスなど、幅広く取り上げます。

新卒の就職活動でも、転職活動でも役に立つ内容になっているので、本格的に活動を始める前にモヤモヤをスッキリさせておきましょう。

 

IT営業は難しい?きつい?激務?主な仕事内容を理解する

IT営業のお仕事は、IT技術を求めている顧客に対して、ITに関する製品・サービス(ソフトウェアやシステム開発など)や、エンジニアやプログラマーなどの技術者を提供することです。

商談時には、顧客の課題を念入りにヒアリングし、それに沿って製品やサービスを紹介したり、技術者の派遣を勧めたりします。

有形商材の営業に比べると、コンサル要素が強く、顧客とのコミュニケーションやアフターフォローが密になる傾向にあります。

IT営業の業務内容に関することをもっと知りたい方は、こちらの記事もご参考ください。

IT企業の営業職とは?3分でサクッと学べるIT営業の仕事

私たちの生活において、インターネットをはじめとするITは、切っても切り離せない存在になりました。今後もITの市場は伸び続けると言われ、各企業がIT人材(ITに関する知識やスキルを持っている人材)の確保 ...

続きを見る

 

難しいIT営業できつい目にあう人・そうじゃない人

IT営業に向いている人は、ひとことで言うと「コミュニケーション仕事の経験がある方」です。

顧客とコミュニケーションを取ることや、顧客の課題解決に関心を持てること、社内外の関係者との調整力があることなどの仕事で身に付くスキルは、IT営業でも大いに活かすことができます。

反対に、向いていない人は「ITに対して関心を持てない方」。

どの業界の営業にも通ずることですが、自身の属する業界や、自社の扱う製品・サービスに関心が持てないと、日々の営業活動をストレスに感じてしまいます。

また、知識やスキルを身に付けるときに意欲が湧かず、大変な思いをするはずです。この場合は難しいでしょう。

 

難しいIT営業の将来性やキャリアパスは?

 

IT業界の将来性

ここ最近、大手企業が数千人規模で人員削減することを発表しました。

その裏側には、IT技術の発達があります。今まで人がやっていた業務を、ITが担うようになり、人員が必要なくなっているのです。

こうした事態はまだ始まったばかりで、今後さらにIT技術が各企業に浸透していきます。

すなわち、IT業界の市場規模はさらに大きくなり、ITに関する知識やスキルを持つ人材のニーズは、高まり続けるのです。

IT営業を経験することは、あなたの将来を明るくする可能性が高いでしょう。

営業職全般の将来性はこちらです

営業職の今後に将来性はない!営業から独立した筆者が考える3つの根拠

ビジネスをするときに商材を”売る”ことは、絶対に必要不可欠です。最前線に立ち、それを行なっているのが営業職という職種になります。 ということは、資本主義経済がある限り営業職の仕事はありそうですよね。た ...

続きを見る

 

IT営業の将来キャリアパス

キャリアパスとして考えられるのは、IT営業として働くなかで「別の製品・サービスに関わってみたい」「最先端の技術をセールスしたい」などと、商材を変えるパターンがひとつ。

他には、業界はそのままに、別職種にチャレンジするケースみられます。日々の業務でITに関する知見を得られるので、エンジニアやプログラマー、デザイナーやマーケターなどに挑戦しやすくなります。

IT営業へ就職・転職した場合、キャリアパスは多岐に渡るので、将来のキャリアが広がります。

インサイドセールスのキャリアパスはこちらです

インサイドセールス経験者が語るキャリアパスの実態!将来性しかない!

近年インサイドセールスという言葉を耳にする機会が増えてきました。 一昔前までは「営業」で伝わっていたものが、今後は営業は営業でもインサイドセールスなのか、フィールドセールスなのかまで伝えなければ何をや ...

続きを見る

色々な種類のIT営業について詳しく知りたい方は、こちらもご参考ください。

IT営業は全13種類!企業や業界で異なる特徴を専門家が解説

IT営業は人気が高く、やりがいも大きい今注目の職種です。ただ、IT営業に興味があっても、未経験の人からするとIT業界自体が非常にわかりにくいですよね。 一体どの企業のIT営業なら将来性があるのか、稼げ ...

続きを見る

 

IT営業は難しい?きつい?Q&A形式で解説

ここからは、よく求職者から聞かれる質問に答えていきたいと思います。

 

IT営業ってIT業界未経験でも大丈夫なの?

未経験でIT系の仕事に就くのは、難しいイメージがあると思います。

しかし現在は、未経験から転職するハードルがかなり低くなっています。

なぜなら、IT企業が増えるとともに、ITに関する人材の需要が高まっているから。

経験者を採用するには難易度が高く、加えて多額の人件費が掛かってしまうので、未経験者も採用することがスタンダートになってきているのです。

特に20代をはじめとする若手は、現時点で知識やスキルがなくても、人柄や熱意などのポテンシャルで採用されることがしばしば。

「この人なら熱心に学んでくれそう」「将来的に戦力になってくれそう」と思ってもらえれば、スムーズに選考が進みます。

30代になると、ポテンシャルよりも実力がみられやすくなるため、IT営業への就職・転職は早めに検討すると良いでしょう。

実際に筆者の知人は、IT業界はもちろん、営業経験もありませんでしたが、IT営業で活躍していますよ。

 

IT営業って激務?残業は多い?少ない?

IT業界は、激務でハードワークなイメージが強いかもしれません。

事実、数年前までは激務で月に100時間を超える残業はざらで、労働環境を理由に転職する方が後を絶ちませんでした。

しかし最近は、残業は比較的少なくなっています。具体的には、月平均残業時間が5時間〜10時間程度の企業も珍しくありません。

このように一気に残業が減っている理由は、働き方改革が行われたことに加え、IT技術を活用することで、業務が効率化されたためです。

特にIT業界は、他業界よりもIT技術を活用するノウハウがあるため、一気に労働環境が改善したとみられます。

また、IT業界には若いベンチャー企業が多く、社内制度や福利厚生が若者向けに整えられていることも。

プライベートを充実させられるよう、高水準の家族手当や家賃補助、連続休暇制度など、嬉しい条件が整っていることが多いです。

さらには、チャットツールやクラウド型の勤怠管理システムの導入で、リモートワークも進んでいますよ。

今後も他業界に先駆け、激務だった環境から、より良い環境になっていくことが期待できます。

 

IT営業は難しいけど年収が上がる?

IT営業は、他業界に比べて平均年収が高いので、年収アップが期待されます。社員のお給料は、企業の売上や利益に比例することが多いです。

日本経済新聞の企業の『売上高ランキング』(2019年3月期決算)を見ると、ITに関するサービスを扱う企業が上位にランクインしていることが分かります。

IT業界は今後も伸び続けるので、その分社員に還元される可能性が高いです。

また、日系のIT営業を経験しとくと、外資系IT営業にも転職がしやすくなるので、そうなると年収アップの期待値は青天井です。

当たり前ですが、アメリカや中国を中心に、世界的にIT市場は伸びているので、高い給与を期待できるのです。

 

ぶっちゃけ、IT営業って何がきつい?激務?

IT営業に限った話ではありませんが、成果に対しては厳しかったり、残業が続いたりすることがあります。

また、自社の製品やサービスの場合は、自社の開発部の能力によりますし、IT営業では他社製品を営業することも少なくありません。

場合によっては、他社との競争力が低い、あるいは大差ない場合もしばしば。

いくら営業が頑張っても売れないといった事態に陥るかもしれません。

なかなか成約に結びつかないと、モチベーションが下がってしまうことも…。ここは企業選定や、商材選定がかなり大事になる所です。

最近はIT営業の中でも特にSaaSという商材領域の「SaaS営業」が注目されています。

SaaS営業の転職は企業選びが一番大事!約9割が知らない選定基準を解説

ここ最近、IT情報通の方は“SaaS”(サース、サーズ)という言葉をよく耳にするようになりました。聞いたことがあるけど、実は何を指しているのかよくわからないという方もいるかも知れません。 身近なものだ ...

続きを見る

ただのIT営業ではなく、ITサービスをクラウドでサブスクとして提供する形態をSaaSと呼びます。

イメージとしては「大型」のIT営業と、「小型」のSaaS営業とイメージするとわかりやすいかもしれません。

このように、「いま注目されていて売りやすい商材なのか?」という商材選びの観点も、IT営業に就職・転職する前に必要になるでしょう。

 

【IT営業は難しいのか?】IT営業への就職・転職で失敗したくない方へ

未経験でIT企業の営業に就職・転職するとなると、不安な気持ちが付きまといますよね。

ですが、きついか激務かどうかで判断する前に、自分の人生にとってプラスになるのか、あるいは興味関心が持てるのか、などの方が重要です。

楽しくなくても簡単な仕事がいい人もいれば、きつくてもやりがいや将来性のある仕事に就きたい人もいます。仕事や人生に対する考え方は、人それぞれです。

特に未経験からIT営業にチャレンジしてみたいと思ったのであれば、まずは自分と向き合うことも必要です。そこで、まずは「転職軸」の準備をしてみてはいかがでしょうか。

転職のきっかけや、志望動機、将来やりたいことなどの、志望動機のコアとなる部分になり、面接などでも必要になる準備のひとつです。

もちろん、新卒でも転職でもこの志望動機のコア部分の重要性は変わらないので、学生でも参考になるでしょう。

こちらの記事を参考に、転職軸を見つけながら、ご自身と向きあってみてはいかがでしょう。

最強の転職の軸の作り方!書類作成や面接対策が激的に変わる裏技とは?

転職活動をしていると「転職の軸」という概念が突如現れますが、正直いきなり言われても転職の軸を作ったり決めるのって難しいですよね。 決めたとしてもイマイチ活用方法がわからず「これやっても意味があるのか… ...

続きを見る

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

石塚卓也

エニーセールス・マガジン編集長。マレーシア・シリコンバレーのスタートアップ、日系のベンチャー、営業フリーランスを経て起業。IT営業に関する本の出版や、セールスコミュニティの運営なども手掛ける。元サッカー馬鹿。

-IT業界, 営業の転職
-, , , , , ,

© 2020 エニーセールス・マガジン