営業職の転職 転職ノウハウ 面接対策

外資系企業の面接は厳しい?1発アウトの10の言動を回避せよ

外資系企業への転職を考えた方ならだれしも「外資系企業の面接って、どんな感じ?」「日本企業と何が違う?」と、様々な不安や疑問が浮かんでくるかと思います。今まで日系企業にいたのなら尚更です。

本記事では、面接における事前準備のポイントや、面接当日に気を付けることなどをご紹介。特に日本企業では良いとされているものの、外資系企業では1発アウトになりかねない10の言動を解説。面接に挑む前に、ぜひチェックしてください

 

外資系企業への転職面接の事前準備

企業や業界の情報をしっかり下調べ

面接の事前準備で欠かせないのは、企業のことを入念に調べておくこと。ここに真剣に取り組むことで、面接で自信を持って受け応えできると、高評価に繋がることが多いのです。

特に外資系企業は、日系企業に慣れている方にとって、馴染みのない事業や取り組みがあるかもしれません。

どのような商材を扱っているのか、企業は市場においてどのような立ち位置にあるのかなどを、しっかりと調べましょう。

企業HPを見るだけでなく、決算報告書まで目を通し、直近の取り組みや今後の展望まで頭に入れておくと良いでしょう。

また、SNSや社長ブログを見ると、新たな一面を知れるかもしれません。

会社によっては、商材や業界の勉強をしたか確かめるために、営業ロープレを行う会社もあります。

1時間以上掛けてじっくりと調べることで、面接当日は込み入った話まででき、他の応募者と差をつけることができます。

 

忘れがちなチェック項目

転職先の外資系企業だけでなく、現在勤めている会社や、過去に勤めていた会社などの基本情報を振り返っておきましょう

知っておいて当然だとみなされるので、気を付けてくださいね。

また、面接当日は「最後に質問はありませんか?」と聞かれることがほとんど。

そこでスムーズに質問できるよう、事前に考えておくことがマストです。

面接前日になったら、上記内容の最終チェックはもちろん、面接官の氏名や役職、面接時間や場所、交通手段、所要時間などを確認。

万が一のことを考えて、早めに近くのカフェで待機するなども良いですね。

 

外国人面接官に好印象を与えるには

外資系企業の場合、面接官が外国の方であることも。日本人でも、外国文化に慣れた方も多くおられます。

面接官と対面したら、相手の名前を呼びながら笑顔を見せ、時間を割いてくれたことにお礼を伝えましょう。

相手の出方によりますが、固い握手を交わした後に、面接が始まることが多いです。

その後は、日系企業の面接と同じような流れですが、アイコンタクトと笑顔は忘れずに。自信溢れる堂々とした立ち振る舞いを意識しましょう

 

外資系企業の転職面接でよく聞かれる11の質問

ほとんどの面接では、あなたの上司になる方に、自身のことを説明するよう求められます。

最初に面接官が知りたいのは、一緒に働くかもしれない人は、どのような人なのか。

そして、自社の事業や自分(上司)のプロジェクトに、どのように貢献してくれるのかということです。

熱意や意欲、柔軟性を伝えるよう意識してくださいね。

話は簡潔に1分程度にまとめ、必要のないことは話さないように心掛けましょう。

面接官がメモを取ることがありますが、それは後でフォローアップするポイントをまとめているだけなので、気にしなくて構いません。

自己紹介に続いて、下記のようなことを聞かれることが多いです。どのように回答するか考えておきましょう。

 

11の質問項目

  1. あなた自身について教えてください。
  2. あなたの長所・短所は何ですか?
  3. 弊社を選んだ理由を教えてください。
  4. 弊社のIT製品のどのようなところに興味を持ちましたか?
  5. 競合のIT製品には興味を持ちましたか?
  6. 5年後、あなたはどんなキャリアを歩んでいたいですか?
  7. 今までで最もやりがいを感じた仕事は何ですか?理由も教えてください。
  8. 最後に給与を見直されたのはいつですか?
  9. どのようなマネジメントであれば、あなたの能力が発揮されやすいですか?
  10. どんな風に弊社に貢献できますか?
  11. あなたにとってチームワークとは?

 

外資系企業の転職面接で1発アウトの10の言動

外資系企業の面接では、日系企業で良しとされていることが、裏目に出ることがあります。

外資系企業ならではのNGリストを把握しておくことで、面接官に不快な思いをさせないようにし、1発アウトになりかねない状況を回避しましょう

 

1発アウトの10の言動

  1. 質問への回答を丸暗記している
  2. 正しい英語を話すことに必死になる
  3. だらだらと自己紹介してしまう
  4. 謙虚で控えめな態度
  5. 積極的な自己アピールをしない
  6. チームワークを感じられない
  7. 確認不足のまま面接を終える
  8. 誰にでも同じ逆質問を投げかける
  9. どんな質問にも「できます」「はい」と答える
  10. アイコンタクトをせず、笑顔が少ない

それぞれ細かく見ていきます。

 

質問への回答を丸暗記

面接で聞かれることは、ある程度事前に準備できます。そのため面接当日は伝え方を意識しないと、棒読みになってしまうかもしれません。それを防ぐために、事前準備では丸暗記せず、要点を抑える程度にしておきましょう。

 

正しい英語を話すことに必死

特に英語に不安が残る方は、一言一句間違えないようにと、正しく伝えることに一生懸命になってしまうもの。しかし正しい英語を話すことよりも、自分の思いが伝わるほうが大切です。意外にもネイティブの方は、文法を誤って使うこともあるので、間違ったからといって言い直す必要はありません。

 

だらだらした自己紹介

主に面接の最初で聞かれる自己紹介で、3分以上話すことは避けましょう。自己紹介では職歴や実績、スキルなど話すことが多いので、すぐに時間が経ってしまいます。事前練習や本番では、3分以内に話し切ることを目標にすると丁度良いでしょう。

 

謙虚で控えめな態度

日系企業では、好意的に思われる場合もあるかもしれませんが、外資系企業では避けるべき態度です。謙遜することは、自信がなく能力が低いと捉えられるので、マイナスにしかはたらきません。堂々とした振る舞いを意識しましょう。

 

積極的な自己アピールをしない

聞かれたことだけに答える姿勢よりも、積極的に自分のことをアピールすることが好まれます。会話の流れで仕事に関するエピソードや、趣味や特技を話してみましょう。思わぬところで話が盛り上がったり、面接官に気に入られたりするかもしれません。

 

チームワークを感じられない

面接では、チームに馴染むような人材かみられています。「チームの和を乱しそう」「一匹狼のような性格なのかも」といった印象を与える話は避けましょう。

 

確認不足のまま面接を終える

給与や勤務時間、ポジションは、面接時にきちんと確認しましょう。場合によっては交渉し、気になることは解消しておきます。

 

誰にでも同じ質問を投げかける

面接官は直属の上司や人事、社長など、選考段階によって変わります。それぞれに同じ質問をするのではなく、立場を踏まえて適切な質問をしましょう。

 

どんな質問にも「できます」「はい」と答える

自身の経験やスキルに伴わないことを、できると伝えないように注意しましょう。嘘を付く気はなくても、その場の空気に流されて、無責任な回答をしてしまうことがあります。どんな質問も冷静に聴き、正直に答えてください。

 

アイコンタクトをせず、笑顔が少ない

アメリカ人やフランス人などの外国の方は、目を見て話すことは信用を得ることだと捉えています。相手の文化に合わせて、アイコンタクトや表情、ボディーランゲージができると良いですね。

 

【まとめ】外資系企業への転職はきつい?1発アウトの10の言動を回避せよ

外資系企業の面接には、外資系ならではの特徴が多くあることが分かりましたね。

 

他にもベンチャー企業の面接対策記事や、

【超重要】ベンチャー企業の面接で、絶対避けるべき3つの発言

ベンチャー企業の就職・転職面接は、びっくりするくらいフランクな所が多いです。「まずは自己紹介を完結にお願いします」みたいな面接の入り方は殆どの会社でしません。 そんな事を聞くと「ベンチャー企業の面接っ ...

続きを見る

 

自己PRに関する記事もまとめてるので、ぜひご参考ください。

自己PRに悩む若手営業必見!転職面接では学習能力をPRせよ

20代を中心とした若手営業が転職活動をすると、必ず悩むのが自己PRです。「数年しか営業やってないし、資格とかも持ってないんですけど、一体何をPRすればいいんですか…?」と皆さん必ず質問します。僕も昔転 ...

続きを見る

 

また、当メディアでは、外資系企業の中でも特に「外資系SaaS企業」をオススメしています。外資系SaaSに関しては、こちらの記事をご参考ください。

外資系SaaS営業へ転職!シリコンバレー経験者が実情や裏側を紹介

外資系SaaS営業は魅力的な転職候補ですが、その難易度は高いのも事実です「外資系SaaS企業って華やかなイメージあるけど、実際どうなの?」「ぶっちゃけ、どれくらい稼げるの?」「というか英語できなくても ...

続きを見る

 

とはいえ、外資系企業は書類選考も面接選考も非常に難度が高く、一般的な社会人がひとりで転職活動をしても内定を貰うのは至難の業です

「自分ならいけるだろう」というその慢心が、外資転職で失敗する際の一番の原因になっています。

よく、「エージェント経由だと紹介料が発生して受かりにくい」という意見がありますが、あれは少し間違っています。

私も外資系企業の紹介エージェント担当になったことがありますが、グローバルで成功している外資系企業にとって、エージェント紹介料など大した金額ではありません

むしろ外資系に挑戦する時こそ、その企業や選考に詳しい専門家から正しい選考対策をしてもらいエージェントに推薦してもらった方が断然有利に転職活動を進められるケースが多いです。

なので外資系に興味を持ったら、まずは外資業界の転職のプロに相談し、キャリア相談だけでなく、企業の内情や選考の裏情報を直に聞くのが手段の1つとして良いでしょう。

外資系企業に強い転職エージェント「JAC Recruitment」では、外資系企業や海外進出企業など、グローバル転職のサポートに特に強みを持った転職エージェントです。

国内大手、外資系、海外進出企業など…JACだからご紹介できる求人が豊富にあるのが特徴です。

また、企業との太いパイプがあるため、書類審査や面接前後に候補者を推薦できるなどが大きな特徴です。

ハイキャリアと銘打っているため非常に敷居が高く感じてしまいますが、学歴、年齢などの制限はありません

まずは無料相談から出来ますで、外資系企業の転職にご興味があれば、お気軽にご相談ください。

詳しくはコチラ

  • この記事を書いた人

石塚卓也

エニーセールス・マガジン編集長。マレーシア・シリコンバレーのスタートアップ、日系のベンチャー、営業フリーランスを経て起業。現在営業・販売職専門の転職支援や、セールスコミュニティの運営、IT営業に関する本の出版なども手掛ける。ベンチャー・外資など含めたIT・Web系セールスのキャリア専門家。

-営業職の転職, 転職ノウハウ, 面接対策

Copyright© エニーセールス・マガジン , 2020 All Rights Reserved.