SaaS業界 営業の転職 特集

厳選のSaaS企業一覧!転職市場で注目を集める23の成長企業

最近何かと話題のSaaS企業。SaaS企業への転職に興味があるけど、一体どんな企業があるのか、あるいは自分にとってどんなSaaS企業に転職するならいいのかなど、あまり情報がないのでよくわからないですよね

今回は、「営業部門・マーケティング部門向け」のサービス・プロダクトを開発しているSaaS企業一覧として23社まとめました。ビジネス職としての転職であれば、営業やマーケティングの業務改善が出来る最先端のプロダクトを売る経験は、キャリアにとって非常に良い選択肢となります

営業やマーケティング部門向けSaaSにはどのような種類があるのか、どんな会社があるのかなど、転職先を決める際の判断材料にしてみてください。

目次

厳選のSaaS企業一覧!転職市場で注目を集める10の成長企業【セールス編】

SaaSのビジネス部門(マーケティング部門や営業部門)は、一般的にはthe modelという営業組織フレームワークが使われているのが一般的です。

the modelは、商談フェーズに添って、各職種に下記のような名称が使われており、それぞれに役割(職種)があります。

SaaS企業への営業転職であれば、基礎知識として頭に入れておくと良いかもしれません。

the modelな職種名

  • マーケティング
  • インサイドセールス
  • フィールドセールス
  • カスタマーサクセス

それぞれに関して詳しく知りたい方は、こちらの記事もご参考ください。

インサイドセールス・フィールドセールス・カスタマーサクセスを解剖!

近年、日本においても、インサイドセールス・フィールドセールス・カスタマーサクセスという役割が普及し始めました。 特にIT業界では導入している企業が多くあります。 転職サイトなどでも、インサイドセールス ...

続きを見る

 

この中でも、まずはインサイドセールス(内勤営業)や、フィールドセールス(外勤営業)の方が使うサービスを見ていきましょう。

一般的に言われている「新規営業」がここに当てはまります。

会社によってはインサイドセールスやフィールドセールスの役割が違っていたりするので、ここではこの2職種をあわせてセールス職として、まとめていくことにします。

 

Hubspot(ハブスポット)

https://www.hubspot.jp/

CMS、ブログ、Eメール配信、ソーシャルメディア運用、アクセス解析等、様々なツールが統合されたインバウンドマーケティング及びセールスに最適化されたソフトウェアを提供。外資系SaaS企業ながら、日本支社は少数精鋭で運営されているのが特徴です。グローバルな環境でSaaS営業として成長を目指すなら、候補先の1つとして選択肢に入れたいですね。

 

FORCAS(フォーカス)

https://www.forcas.com/

データ分析に基づいて成約確度の高いアカウントを予測し、マーケティングと営業のリソースをそのターゲットアカウントに集中する最新マーケティング手法「ABM」の実践を強力にサポートするクラウドサービスです。NewsPicsで有名なユーザーベースグループの会社で、「BtoB SaaS カンパニー」を目指しています。業界的な影響も大きいので、SaaS営業として更にレベルアップを目指すなら、選択肢に入れたいですね。

 

Salesforce

https://www.salesforce.com/jp/

セールスフォース・ドットコム(Salesforce)はクラウドベースのCRM/顧客管理システムやSFA/営業支援システム、MA/マーケティングオートメーションを世界15万社以上に提供しています。

プロダクトとしては、SaaSというよりもPaaSに近いのが特徴です。世界トップのCRM企業で、最高峰のキャリアを積みたい方は外せませんね。

セールスフォースに関しては、こちらの記事でもまとめています。

セールスフォースの営業の転職はきつい!スキル・人脈・ビジョンの3つが鍵?

セールスフォース・ドットコム(Salesforce.com)の営業として転職するにはどうすればいいのでしょうか。 最近ではその名前を知らない人は少なくなっており、物凄い勢いで拡大しています。 拡大中か ...

続きを見る

 

マツリカ

https://mazrica.com/

AI(人工知能)による営業業務を支援するクラウド営業支援ツール「Senses」を展開。入力負荷を最小にし、営業成果を自動的に最大化するSFA(営業支援ツール)で、行動実績・Next Action・目標・リスクなどの営業案件に関する情報を一元管理出来るのが特徴です。

 

bellFace(ベルフェイス)

https://bell-face.com/

お客様のもとに直接訪問することなく打ち合わせを可能にするインサイドセールスシステム「bellFace(ベルフェイス)」を提供。BtoB営業に特化した、電話で出来るオンライン商談システムという新しい切り口が特徴です。

ベルフェイスへの転職に興味のある方はこちらをご覧ください。

ベルフェイスの営業に転職するには?4年で1200社導入の超成長企業

今回は、たったの4年でオンライン営業システムの導入実績が1200社もある、ベルフェイスに営業として転職する方法についてです。 ベルフェイスは5秒で繋がるオンライン商談システムとして、営業に特化したサー ...

続きを見る

MiiTel(ミーテル)

https://miitel.jp/

MiiTelは、電話内容をAIで採点し、都度フィードバックすることで 商談獲得率・成約率向上を支援するIP電話システムです。電話でのコミュニケーションをAIで解析・可視化し、生産性向上と効率的な育成の実現を目指しています。

 

Sansan

https://jp.sansan.com/

「出会いからイノベーションを生み出す」をミッションに掲げ、法人向け名刺管理サービス『Sansan』と個人向け名刺アプリ『Eight』を提供しています。名刺をはじめとしたあらゆる「顧客データ」を連携することで、働き方を変え、企業の成長を後押しします。

 

シンカ

https://www.thinca.co.jp/

完全クラウド型のCTIを提供。顧客接点クラウド「カイクラ」は、電話の着信時にパソコンやタブレット、スマートフォンにお客様の様々な情報が表示されるサービスです。

 

Rockets(ロケッツ)

https://rocketsgo.com/

営業課題をSalesTechの力で解決しながら、本質である「お客様へ価値を提供する」ことに注力できるプラットフォームを提供。

 

Onion(オニオン)

https://www.onion.co.jp/

「あらゆる雑務を技術の力で自動化する」ことをミッションに、 法人向けソフトウェアサービス(SaaS)の開発に取り組んでおり、 第一弾として、セールスオートメーションプラットフォーム「APOLLO SALES」を提供しています。

 

厳選のSaaS企業一覧!転職市場で注目を集める10の成長企業【マーケティング編】

次は、マーケティング職の方が使うサービスを見ていきましょう。

 

the modelな職種名

  • マーケティング
  • インサイドセールス
  • フィールドセールス
  • カスタマーサクセス

マーケティングと言っても、オフラインやオンラインのマーケティング、あるいはテレアポなどインサイドセールスに近い業務もありますが、ここではWebでのオンラインマーケティングで使われるツールを中心に見ていきましょう。

 

マルケト

https://jp.marketo.com/

マーケティングオートメーション(MA)を全世界で5000社以上に提供する外資系企業です。メール、ウェブ、モバイル、ソーシャル、広告などの幅広い顧客接点を通じて、一人ひとりの顧客に合わせた適切なコンテンツを、適切なタイミングで届けるMAツールの代表各として君臨しています。Adobeに買収される前にマルケトの元日本支社長を努めていた方が、あの有名な「THE MODEL」の本を書いています。

 

スマートキャンプ

https://smartcamp.co.jp/

法人向けSaaSの比較・検索サイト「BOXIL SaaS」を開発する会社です。 BOXIL SaaSを軸として、コンサルティング、メディア、広告、SaaS開発、イベントなどのさまざまな事業を展開して、SaaS企業のマーケティング〜セールス活動をサポートしています。SaaSをより深く探求したい方にはおすすめです。

 

フロムスクラッチ

https://f-scratch.co.jp/

マーケティングのプラットフォームサービスを提供している企業です。『マーケティングオートメーション』を超える、『マーケティングプラットフォームb→dash』の開発・提供・導入・運用を中心に、顧客のデジタルマーケティングを総合的に支援しています。

 

Kaizen Platform

https://kaizenplatform.com/

WebサービスやモバイルのUI改善をするA/Bテストサービスの提供している企業です。データ基盤から施策管理、専門人材のチームまでワンストップで提供し、あらゆるサイトをパーソナライズ化するマーケティングクラウドを開発しています。

 

SATORI

https://satori.marketing/

SaaS型MAツールを提供している企業です。マーケティングオートメーションツール「SATORI」は、 通常のMA機能に加え、匿名ユーザーへもアプローチする「アンノウンマーケティング」で、リードジェネレーションに強いのが特徴です。

 

サイカ(XICA)

https://xica.net/

マクロ・ミクロデータ収集・推計をすることにより、企業の意思決定を支援するサービスを展開している企業です。プロダクトのXICA magellanサイカ マゼラン)は、マーケターの意思決定支援に特化した専用の分析ツール。TVCM、交通広告、Web広告などあらゆる広告データと外部要因のデータを統合して分析出来るのが特徴です。

 

AIQ(アイキュー)

https://aiqlab.com/

AI技術によるSNS分析・運用サービスを提供。人工知能によるプロファイリング技術を基に、"企業と個人の新しい繋がりを創るプラットフォーム"を目指す企業。技術提供、ソーシャルリサーチ、プロダクトサービスという3つの事業を展開しています。

 

Ptmind

https://jp.ptmind.com/

ウェブ解析ツールやデータ可視化ツールを提供。PTMINDはあなた全てのデータを一箇所に集め、リアルタイムに顧客データや業務データを分析し、共有することで、ビジネスの価値に転換するサービスを展開してます。

 

hachidori

https://hachidoriinc.com/

プログラミング技術を用いることなく、チャットボットを作成することができるサービス「hachidori」と、アルバイトスタッフ及び店長間のコミュニケーションを最適化するサービス「CAST」を自社開発・運営しています。

 

WACUL(ワカル)

https://wacul.co.jp/

Google Analyticsのデータを元に、自動でわかりやすい改善案をお届けする便利なサービスを提供。テクノロジーでビジネスの相棒を一人一人にというビジョンのもと、圧倒的な知ですべての人々のビジネスを加速する相棒として、世界最高の課題解決会社を目指しています。

 

厳選のSaaS企業一覧!転職市場で注目を集める3つの成長企業【カスタマーサクセス編】

次は、カスタマーサクセスで使われるサービスです。

the modelな職種名

  • マーケティング
  • インサイドセールス
  • フィールドセールス
  • カスタマーサクセス

SaaS事業は既存顧客から得られる売上の総量(LTV)が大事ですが、現在コロナの影響で「既存顧客」を重視する傾向が更に高まり、それによってカスタマーサクセスにも更に注目が集まってます。

カスタマーサクセスへ転職!3つのキャリアパスを知り未経験から成功を掴め!

近年、SaaSのカスタマーサクセスという職種が非常にアツいです。特にSaaS業界では、このカスタマーサクセスというポジションが非常に重要な役割を果たしており、かなり需要が高まっています。 ただ、カスタ ...

続きを見る

カスタマーサクセスの仕事内容やキャリアに関して詳しく知りたい方は、こちらがオススメです。

カスタマーサクセスに関する基礎的なことから、キャリアまで幅広く詳しくまとめています。

では、カスタマーサクセスで使うサービスを見ていきましょう。

 

HiCustomer(ハイカスタマー)

https://hicustomer.jp/

SaaS企業向けに特化したカスタマーサクセスマネジメントツールを提供。ヘルススコアで顧客のプロダクト活用状態をモニタリング出来るのが特徴の国内初のスタートアップです。

 

KARAKURI (カラクリ)

https://karakuri.ai/

「今までにないカラクリで世の中を豊かに」をミッションに、世の中を楽しく、楽に、豊かにする仕組みを提供していきます。カスタマーサポートの現場で使え、 誰でも簡単に活用できるAI搭載型バーチャルオペレータ(チャットボット)「Karakuri」を展開しています。

 

PLAID(プレイド)

https://plaid.co.jp/

ユーザーデータを分析し、人の価値を最大化するサービス「KARTE」を展開。インターネットで欠如しているユーザデータを蓄積するミドルウェアとなり、人の価値を最大化するためのサービスを提供しています。

 

(まとめ)厳選のSaaS企業一覧!転職市場で注目を集める23の成長企業

本記事で紹介したSaaSプロダクトのように、営業やマーケティングなどのビジネス部門では、SaaSへのシフトが加速しています。

世の中では多くのSaaS企業が生まれていて、大手企業をも既存サービスをSaaS型に切り替えたり、SaaSビジネスを立ち上げたりと、その勢いは止まりません。

とはいえ、SaaS企業の求人は、いまかなり人気で応募が殺到しています。雑に受けると痛い目を見る可能性も…

少しでも、書類選考通過確度を上げたい方は、応募する前にまずはこちらを読むのをオススメします。

SaaS営業求人の戦略的応募のすすめ!通過率を下げる3つの失敗を避けよ

SaaS営業の求人を探してるけど、どうすれば自分に合う求人が見つかるのか、自分にとってどんなSaaS企業なら転職しやすいのか、どうすれば上手く選考通過するのか、など…。SaaS営業の求人に関する情報っ ...

続きを見る

 

また、あなたがどんなにSaaS企業に行きたくても、企業側が採用したいと思わなければ働けません。

特にSaaS企業は人気で、求職者から引き手数多なので、思考の浅い人はどうしても面接通過が難しいのです。

自分の考えを、一貫性のある軸を持った思考に整理をする方法をこちらで紹介しています。

最強の転職の軸の作り方!書類作成や面接対策が激的に変わる裏技とは?

転職活動をしていると「転職の軸」という概念が突如現れますが、正直いきなり言われても転職の軸を作ったり決めるのって難しいですよね。 決めたとしてもイマイチ活用方法がわからず「これやっても意味があるのか… ...

続きを見る

 

そして、素晴らしい思考を持っていても、自分が活躍出来ることを説明してPR出来なければ、面接官は納得しません。若手営業の自己PRに関する新しい解決策の1つをこちらでご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

自己PRが苦手な営業職の転職はきつい。自己PRまでの4つのステップを解説

20代を中心とした若手営業が転職活動をすると、必ず悩むのが自己PRです。「数年しか営業やってないし、資格とかも持ってないんですけど、一体何をPRすればいいんですか…?」と皆さん必ず質問します。僕も昔転 ...

続きを見る

 

とはいえ、営業の転職は、自身に合った優良求人を見つけるのがかなり難しく、ここが転職で失敗する際の一番の原因になっています。

インターネット上だけで、内情や裏情報まで収集するのはかなり困難です。

そこでまずは、営業の転職のプロに相談し、キャリア相談だけでなく、企業ごとの営業職務や、企業の内情や裏情報を専門家から直接聞くのも手段の1つとして良いでしょう。

20代営業に特化した転職エージェント「ベンチャーセールス」では、営業でトップ成績などの経歴のあるアドバイザーから、業界に関するリアルな情報を貰いながら転職をサポートしてもらえます。



IT業界、金融業界などの人気業界の営業職だけでなく、有形商材、無形商材を扱う会社など、相談者に合わせて、幅広い職種の情報を提供してもらえるのが特徴です。

トップ営業の経験者などがキャリアアドバイザーとして転職のサポートをするため、実際の仕事内容まで考えた支援を求職者の方に実施出来る点が、他の転職エージェントとは大きく違います。

まずは無料相談から出来ますで、ご興味があればお気軽にご相談ください。

 

詳しくはコチラ

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

石塚卓也

エニーセールス・マガジン編集長。マレーシア・シリコンバレーのスタートアップ、日系のベンチャー、営業フリーランスを経て起業。IT営業に関する本の出版や、セールスコミュニティの運営なども手掛ける。元サッカー馬鹿。

-SaaS業界, 営業の転職, 特集
-, , , ,

© 2020 エニーセールス・マガジン